Kiyoko's Blog

ビーズデザイナーKIYOKOのブログです。2011年6月から沖縄で生活しています。育児ブログになりつつありますが、よろしければお立ち寄りください。作品はこちらからご覧いただけます。⇛http://www.asian-bloom.com

私の腰痛の記録

先週は腰痛で大変な日々でした。

このブログで書いたことがなかったかもしれませんが、
子供を出産してからというもの、1~2年は腰痛で悩んでいました。

主な原因は抱っこだと思います。

生後8ヶ月ですでに10キロ越えをしていて、2歳半の今はすでに14.5キロ。
まだよちよちだった1歳の頃はもちろんのこと、
つい先日まで毎日毎日抱っこ抱っこの日々でした。

遊びに行くのに玄関を出たら抱っこ。2階の部屋から駐車場まで抱っこ。

保育園へおくるときも抱っこ。私が両手を離しても、コアラのようにびくとも
せず、むしろ私の体をよじ登って上へ上へくる。

保育園のお迎えのときも抱っこ抱っこ。先生がいつも「コギトさーん、ちゃんと
歩いていってー」と言うので園の中では歩くのですが、一歩外へ出たら抱っこ。

公園や海に車を停めたらまた抱っこ。公園の遊具、または海ならビーチまで
抱っこで行き、そこからやっとぱーーっと走って遊び始めるのです。

ママ友同士でビーチに集合のときも、1歳の子だって歩いて来るのにコギだけは
私の抱っこで登場。

しかし不思議とパパと公園に行くときや、パパが保育園へお迎えに行くときは
ちゃんと歩いているようです。

夫は私が甘やかしている、とよく言うのですが、
本当に本当に、私に対しては抱っこの求め方が違うのです。
あれを拒める人がいたら見てみたいよってなくらい。

最初は甘えるように言い、次は怒り出し、次はわめきちらして、
もしママが先に行っちゃっても、置いてかれるのが嫌で走ってよってくる、なんてことは
ありえません。決して一歩も動きません。

そうするとついつい、あんたも相当ガンコだねぇ~と、手を差し伸べてしまいます。

私も腰が痛いので、
歩いてもらえるようにいろいろ人からアドバイスを貰ったり工夫して
「お兄ちゃんになったねー、すごいすごい!」とおだての術を使ったり。

でもコギにしてみたら、カッコよかろうが悪かろうが、お母さんの抱っこが
当たり前なんですね。
そして私も、こんなに求めてるってことは、この子は体は大きいけど
まだまだ欲してるんだな、欲してる間は仕方ないか、てな具合で。


それに小さい子を抱えての主婦の買い物は意外と大変なのですね。

カートに乗ってくれたら本当に楽ですが、途中でカートが嫌になって、
抱っこを求めることも多かったです。なので、片手で抱っこしながらカートを
押すこともしょっちゅう、

お米や調味料、牛乳などの飲料、パイナップルやスイカなんかも重いから
どのタイミングで買うかいつも考えちゃう。
下手すると車とマンション2階の部屋を(しかも階段)何往復かしないと
ならないうえに、ついた時にはチャイルドシートでコギが熟睡してたりすると、
さーてどの順番で車から降ろそう、となるわけです。

子供優先でそーっと抱きかかえて車から出し(これも腰にズッキーン!とくるので
なるべく足の力を使うように工夫するのですが、何しろ寝てる15キロは重い、、。)

抱っこして部屋へ戻り、すんなり布団に転がして寝てくれてたらラッキーで、
そのまま買い物の荷物を取りに車へ行けるのですが、
ここでぐずって添い寝が必要になると下手したら30分以上も車へ戻れません。

沖縄の夏は長いので、車中の生鮮食品がすごく気になりながら添い寝なんて
しんどいし、かと言って大掛かりにアイスノンなどを入れたバッグを車に用意
しておくのも難しい。我が家の冷蔵庫は学生用なくらい小さいので、いつもスペースが
ないのです。。。

なので、ほんとはよくないけどマンションの玄関のすぐ近くに車を停め、子供を車中に寝か
せたまま(猛暑の時はエアコンをつけたまま)あわてて荷物をかかえて車から出し、
猛ダッシュで階段を駆け上って荷物を置いてくる、そして子供を迎えに行く、

なんてことも何度かしたことがあります。

ただ、田舎だからまだいいけど、こんな隙に連れ去り事件があったらどうしようー!

なんて、自分のやり方に罪悪感を感じたりもするので、

結局のところ、多くの場合は寝てる子供をそっと抱きかかえ、片手で子供を支えつつ
もう一方の手ですべての荷物を持つ、(←どんなに多くても持つ)
つまり、子供もすべての荷物も持ちながら、2階までひーひー言いながら帰っていく、

というのがスタンダードな私のやり方でした。

そして子供が起きないように抱っこしたまま冷蔵が必要なものは
取り急ぎ冷蔵庫へ詰め込み、あとはなだれ込むように子供とごろっと
横になる。

コギは多くの場合、熟睡していても布団に置くと起きてしまうので
添い寝が必要になるんですね。

「起きたなら起きたでいいのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、

きょとん、目が覚めちゃった☆

ってのとは全然違って、眠いのに起きちゃったわけなので、もっと寝たいわけですね。
なので、涙は出さないまでも、ぎゃーぎゃー怒り泣くのです。

子供によってはここでまた抱っこしてあやして寝かさないといけないママもいるかも。
(だとしたらキツイ~!)
うちはまだオッパイをむにゃむにゃ(いじる?)すれば寝るので沿い寝ですむので
楽なほうかも。
(しかし寝ながらもなかなかオッパイを離してくれないこともあるので困る。
寝てんだろ!おい!つっこみたくなりますね。--;)

それにしても、15キロの子を抱っこしながらたっくさんの買い物荷物を持つ自分、
母は強しって言うけれど、こんなに持てるんだなーって自分で時々驚きます。

さて、子供が昼寝をすると、その間にあわててお昼ご飯作りです。
うちは何しろ夫が午後2時すぎに帰ってきて遅い昼食をとるので
子供と昼寝してるわけにはいきません。

とまぁ、そういう日々を過ごしていたら、あっと間に腰痛もちになってしまいました。
そして、そんな腰痛にも慣れて、こんなもんだろう、子供が抱っこ抱っこの時期を
過ぎたら自然に治るんだろうーと甘い気持ちでいた私です。

それに今年の4月からは保育園に通いだしたし、腰も楽になるだろうと。。。
でも、すでに腰は限界に来ていました。

せっかく保育園に入れたのだから、仕事もがんばろう、と家で座りっぱなしの
作業をすることが増えたのです。

痛んだ腰で座りっぱなしがとってもよくなかった。

今度は座っていた状態から、立った時に激痛を感じるようになりました。
しかも、前かがみのまま2分くらい動けないようになり、まっすぐ歩けるまで
時間がかかるように。

座るたびにこうだと本当に生活に支障が出て、やっと先週病院に行きました。

糸満のとある病院の整形。大きい病院だったので、レントゲンだけでなく
MRIも。(MRIは人生初!)

すると、ヘルニアを疑われていたのですが、「ヘルニア気味」程度。

しかし痛みのある部位の椎間板(背骨の間に1個ずつ配置されているクッションみたいなもの)
が1個だけ、他の椎間板と比べるとつぶれていて、しかも真っ黒に。
真っ黒に写っているのは、他の椎間板のようにみずみずしさは無く、老人のような
椎間板なのだそう。

「こうなるともう戻りませんよ」

の言葉に私はひどくショックを受けました。

さらに、その椎間板の上下の骨には炎症が起きているとのこと。

結局、コルセットと大量のシップ、痛み止めの薬と胃を守る薬をいただいて
帰りました。

ただ、痛み止めの薬には抵抗があって、処方箋を読んでも
胃に負担がかかる(そのために胃を守る薬も出てるのですが)とか、
食道に薬が触れただけで損傷する可能性があるから水もたっぷり飲むとか、

何やら恐ろしい薬だーーーと思い、
先生に相談してまずはコルセットとシップで安静にすることにしました。

しかしその翌週、とんでもないことが起こりました。

今思えば、作り途中のビーズの作品を仕上げたくて、やはり同じ姿勢で作っていたことが
よくなかった。(その日は調子がいい気がして、、、。)

ひどい激痛が襲って、まっすぐ立てないのです。何かいつもと違うこの激痛!しかも
いつものように数分待ってみても、ぜんぜん治らない。

そして全身鏡を見てみると、上半身が右に大きくずれていました。

うまく説明ができないのですが、それはまるで、、、ベリーダンスか何かの
練習風景みたいな、とにかく異常事態です。

そして上半身がずれたまま今度は少しずつ前かがみになっていき、おばあちゃん
みたいになってしまいました。
こうなると何をしても色んなところが痛い!!

水を飲みたくてやっとの思いでキッチンの水道までたどり着いて、コップを片手に
持って、もう片方の手で蛇口を開くのが痛すぎる!!
2足歩行がこんなに難しいとは、、、、。
なので、片手はシンクの台に置いて体を支え、もう片方の手だけで蛇口を上げて
コップに水を入れました。

そして立っているのはもう無理!と思い、横になろうとするのですが、
ちゃんと横になるまでに、あちこちが痛くて何度も「ぎゃー!」と悲鳴をあげたり、
「っ・・・・!!!!」と言葉が出ない悲鳴を上げたり、「うっ・・!!!」
と痛すぎて涙がこぼれたり、
とにかく痛くない角度をさぐりながらゆっくり横になる。。。

もう壊れたロボットみたいな気分でようやく横になり、仕事に行っている夫に電話を
しました。

そして夫が仕事がえりにコギの迎えに行ってくれて、そのまま3人で与那原にある
又吉療術院という、コギの担任の先生お勧めの又吉先生の元へ急ぎました。

保育園の先生は仕事柄、腰痛になりやすいんですね。
先生の話によると、その又吉先生はどんな状態でも2~3回行けばよくなるそうです。
内地から、先生に診てもらうためにわざわざ飛行機で1泊などで訪れる人も少なくなく、
スタントマンや医者なども顧客にいたり、
工事現場でぎっくり腰になったような人も、どんな人もまっすぐになって歩いて帰れるという。
そして、病院で手術が必要と言われた人でも治ったという人が多い、

まるでそれはゴッドハンド!

そして実際に行ってみると、その医院の雰囲気、先生の雰囲気、とっても私は
好感を持ちました。

1時間位いろいろやっていただいて、見事まっすぐに治ったのです。
私はもう信じられないような、とにかくありがたくてありがたくて、、、。
みんなに感謝したい気分!生きてるってすばらしい!みたいな。。^^;

代金を払って(初回4000円、以降3000円とすごく良心的な価格、、!!)
先生に深々と頭をさげて院を出ました。
ただ、ちょっと重症なのでまた戻る可能性はある、とのことでした。

まっすぐになるととにかく気分が明るくなって、帰り道は
「お腹空いたね!どっかでたべよー!」という感じの私です。^^;

ところが、少し車で走ってレストランに着いて車から降りたら、
腰がまた少しずれてる!!!
焦って腰を振り振りしたり適当に動いてみるとまた戻りました。

なんて微妙な腰なんだ、、、と思いながら、とにかく腰がまっすぐに戻ると痛くないので
がつがつと夕食を食べ、

車に乗って家路へ。
そして家に着いてまた車から降りると激痛が。腰がまたずれてしました。
ここからはどうやっても戻らず、
激痛の中(昼間と同じ状態)、一挙一動に悲鳴を上げながら布団で横になり、
朝になって治ってることを祈りながら寝たのでした。(痛くてあまり
寝れなかったけれど、、)

翌朝になると、腰はもっと悪化していて私は不安でいっぱいに。
昨日、又吉先生のところに行ったことすら無意味に感じていました。

もう今までみたいにコギと存分に遊んであげられなくなっちゃったらどうしよう、、
家事も出来なくなっちゃったら、夫やコギにいっぱい迷惑をかけちゃったらどうしよう、
寝たきりってこんなにつらいのか、、と
何度か涙が流れていました。

コギは、「お母さん、大丈夫?おばあちゃんになっちゃった?」と。
でも、いたわってくれています。

また前日に行った又吉先生のところへ行こうか、でも遠いし、と思って
近くにある「糸満整体院(糸満カイロプラクティックセンター)」へ夫に連れて
行ってもらいました。
ここは保険も効くし評判もよくいつもお客さんがいっぱいのところ。

しかし、先生に「なんじゃこれ!!」と言われ、結局いろいろ試しては
いただいたのですが「うん、、これはすぐには戻らないな、、、また予約して明日
にでも来て下さい。」

と言われ、激痛のまま、腰が曲がったままの私。。。

その後すぐ夫が「又吉先生のところへ行こう」と言ってくれて、ちょっと遠いけど
先生のところへ再び向かいました。この2日間で3箇所のはしごです。

すると、やはり先生は治して下さるのですね。しかも、ぼき!ばき!という手荒な
こともなく、治るのです。

2日連続でここに来て、またまっすぐに戻ったけれど油断できない私と夫です。
夫はすぐ仕事へ戻り、私は家で安静にして寝ていました。
また骨がずれるんじゃないかと、常にドキドキしてしまうのです。
コギは保育園なのでありがたい。。。

夕方4時や5時になるとコギのお迎えに行きたくなる私ですが、今は安静にしないと。
またずれたら大変。
夫が仕事が終わってから迎えに言ってもらったので、初めて最後の遅い時間のお迎え
になりました。

その次の日は土曜日。

私の腰はかなりよくなって、土曜日でも保育園に行かせようと思ったのですが、
コギと遊べる!!くらい私は元気になり、この土日はぞんぶんにコギと遊びました。
(すぐこうして無理するのが私のよくないところではありますが。。)

木、金と最悪な二日間を過ごしたのに土日は元気いっぱいで
私ってやっぱりタフだわー!

なんて浮かれてると、夫に「いい加減にしろ!」と言われてしまうのですが、^^;
これからは腰とうまく付き合っていかなくてはいけません。
もっと早く気づけばよかった。。。

そういえば、ここ最近は、コギは「抱っこ」と一言も言わなくなりました。
いたわってくれているのがよく分かります。
そして、子供は賢いから、本当は言えば分かってくれるんですね。。
私はいろいろ反省しました。。

保育園の先生のお勧めで行った又吉先生ですが、やっぱり名医だと思います。
私が行ったほかのいくつかの整体やカイロは、どこか「通わせる」感じが
あるのですが、先生は「こうすればもうここへ来なくてすむようになるから。」
という風に、安心させてくれます。

とっても味のあるおじいさん先生で、74歳っておっしゃっていたかな?

先生はお父様を戦争で亡くしていらして、少年の頃から何トンものサトウキビを
切ったり運んだりして、10代ですでに腰を悪くされたそうです。

「あんたの腰はもうダメだ、手術しても治る見込みは1パーセントだ」と言われ、
望みをかけて東京の大きな病院へ行ってみたそうです。
しかし沖縄の病院と同じことを言われ、しかも「手術に失敗したら車椅子だ」
なんて言われ、
「え!!沖縄からくる時は歩けたのに帰るときには車椅子かもしれないなんて、、」

と絶望。。。
ところが、そのときたまたま行った東京のカイロプラクティックで、3回通ったら
すっかり治ってしまったそうです。

その時、その東京の先生に、「カイロプラクティックを覚える気はないか?
覚えて沖縄でやったらどうだ?」と言われたそうです。戸惑った又吉先生は、
「え?しかし自分は畑も忙しいし、、、」と最初は断ったそうです。

でもその後、又吉先生は開業してたくさんの患者さんを治してるのですね。。。

先生は今でも畑人(はるさー)を続けているそうですよ。背筋もぴんとして
いる若々しい先生なのです。
私みたいに、つらい思いをした人間には希望の光です。。。


「先生!、後継者はいらっしゃるのですか?!」と私が聞いたら、娘さんが
内地で開業されたそうです。
沖縄には~~!!??と心で思いましたが。^^;

「せっかく来てくれた患者さん、ちゃんと治して帰さんといかんよ」といつも
娘さんに言ってるそうです。

私は先生の言葉ひとつひとつに感動してしまいました。。^^;
望みをかけて病院に行き、治らないまま腰がまがったまま帰される悲しさ、
みじめさってないもの。。。

それ以降、

先生のアドバイスどおりに腰を温め、ずれそうに感じたときはちょっとぶら下がって
体を振り振りしたりすることによって、
だんだんに、ずれそう!ということが起こらなくなってきました。

それとこれは自分で発見したのですが、腰が右にずれそうになったときに、
左の方をぐりぐり回すと腰が戻りやすくなるのです。ねじ式のロボットになった気分。
右にずれそうになってる時点で、腰はもう左にびくとも動かないくらい引っ張られてる
ので、その引張りを緩めるという感覚です。。

そして、この1~2週間で、私と夫が何気なく人と話して得た情報。

みんな言わないだけで、腰痛もちがいかに多いか。(後で知ったのですが、国民病
みたいなくらい多いそうですね。)

それと、完全に病院支持派と、整体、接骨、カイロプラクティック派で
意見が分かれていること。

病院支持派は「整体などは余計に悪化させる」と言い切る人も多いようです。
ちなみに私に又吉先生を紹介してくださった保育園の先生のように「病院行っても
痛み止めとか手術だけ。行っても意味ないですよ」と言い切る人も多そうです。

正直、私も迷いに迷って、又吉先生のところへ1回行った翌日、どこへ行ったらいいか
困りました。

又吉先生のところで治ったけどまたこうなった、やっぱり病院なのか、あるいは
他の接骨院に行くべきか。

迷って病院に電話したら、「病院で対処できることは痛み止めの注射と手術です。
腰がずれていても、骨をさわって治すことはしません。あとはコルセットをしたり
湿布です」

と言われました。

なのでさっきも書いたように、近くにある評判の整体院へ行き、治らないまま
帰されて又吉先生のところへ行ったわけです。

これは腰がずれた本人しか感じられない、私の本能が感じていたことなのですが、
骨がずれたまま、それを放置しておくのは絶対によくない!!ということ。

コルセットを巻いたり湿布したり痛み止めを飲んだりしても、曲がったままずれたまま
放置して安静にしていると、内臓がへんな圧迫をされて循環が悪くなっていくのを
感じます。
だから、知識がない私だけど、私の体の声が、それは違う!!と断言している。
まずは骨を正さなくては。と。

なので、万が一また腰がずれて大変なことになっても、又吉先生のところへ直行です。
そしてなるべく抱っこなどの負担を減らして、今抱えている骨の炎症が治るのを待って、
もう骨がずれないような体作りをしようというのが私の結論です。^^

そして、これは私の結論に自信をつけたいためのことなのですが、

病院でヘルニア手術をして、「カイロや整体などはおすすめできない、病院が一番だ!」
と言っていたおじさんが今でもあちこちに湿布を張って生活していること、
そしてそのおじさんが、「手術をしても、あんまりよくなった話は聞かないね~」と
言っていた事。

そして私が行った病院の整形の先生が「私も腰痛持ちで、この間もしんどくて湿布をー」
という話をしていたこと。

確かに一旦腰痛持ちになったらつきあっていかなくてはならないけれど、
又吉先生を見ていたら、あるいは話を聞いていたら、腰痛持ちでも
もうちょっといい感じになれる気がする、と希望を持ちたい私です。


長くなりました。読んでくれてありがとうございます~~~。

[ 2013/07/22 13:05 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

海あそび

刻々と台風が近づいている沖縄ですが、
今日は最近の海の写真をアップします。^^

去年は人工ビーチなんて!!と思っていた私ですが、
近いことと、シャワーなどが完備、くらげネットがちゃんとある、
人が多くて安心、

というあたりから、最近は連続で豊崎にある美らSUNビーチへ行きました。

ここは空港から一番近いビーチ、として便利で人気ですね。

去年もAKBのイベントなど、さまざまな催しがあったようです。
広くてバーベキューなどの設備も完備、のビーチです。

お散歩がてらに寄った、とある土曜日の真昼間。↓

IMG_9003.jpg

IMG_9012.jpg

波がほどよくあって、楽しそうではないか!! ↓
沖縄はリーフ(さんご礁)が広いので、遠くに波があって、浜辺は
プールみたいに静かなことが多いのです。。。なので、サーファーのメッカは
平和記念公園の近くの一帯くらいしかないのでは。。。

IMG_9022.jpg

ちょっとうろたえるコギ。
私のほうが入りたい!!というテンションでしたが、着替えを持ってきてなかったので
また明日にしよう~~と、足だけで断念。↓

IMG_9027.jpg

豊崎みちの駅で電車に乗せてあげました。こういうの大好きなコギ。↓

IMG_9041.jpg

IMG_9055.jpg

その後は定番のトミトンで遊ぶ。。(外の紫外線がすごいので公園は夕方オンリー)↓

IMG_9059.jpg

IMG_9061.jpg

さてさて、翌日の日曜日、また美らSUNビーチに、今度は泳ぎにきました。
夕方5時をまわるとバーベキューのテントが人でぎっしり!! 
やっぱり活動は夕方からですかー。↓

IMG_9163.jpg

夕方の海は混んでるっ!! ↓

IMG_9165.jpg

夕方と言っても、太陽が真横から照りつけるので「まぶしいー!!」と言うコギ。↓

IMG_9169.jpg

新しいピースを考えたようです。↓

IMG_9173.jpg

海でひととおり遊び、6時になったらサイレンがなりました。この日は6月30日だったので、
この日までは遊泳が夕方6時まで。7月1日からは7時までなんですね。
監視委員が厳しいので、大勢が一斉に海から出ました。

着替えてからおやつ。↓

IMG_9176.jpg

また別の日の美らSUNビーチ。
やはり水がきれいに見える真昼間にしようー!
紫外線対策をしてプールに入りました。↓

IMG_9547.jpg

IMG_9535.jpg

しかしこの日はたまたま干潮に近い海で、ネットぎりぎりまで入っても、
私のひざくらいの深さしかありません。。。
コギは楽しんでいたけど、水中でしゃがみながらの移動が私の腰にはきつい! 
最初の写真の波が高いビーチと同じとは思えないなーー。。。汗

IMG_9548.jpg

人工ビーチ、、、、

いいと思ったけど人が多くて水がにごっているし、
監視委員は厳しいし
私の場合、結局めんどうでシャワーなんて浴びずに帰るし
くらげネットがなくたって地元の人も

「はぶくらげなんて刺された話、めった聞かないよー、
服着てれば大丈夫だー」

と言うし、やはり人工ビーチはもういいや、と思った私。。。

また別の日は、昼間から八重瀬のビーチに来ました。
(人がめったにいないので夫は心配するのですが、、、)
何より、お水が透明で青いお魚がたくさんいるのが楽しいのです! 

昼間なのでテントをはりました。↓

IMG_9229.jpg

ちなみにこのサンバイザーは顔を覆ったまま前がちゃんと見れるタイプ。

IMG_9231.jpg

IMG_9239.jpg

青いお魚がいますー。↓

IMG_9237.jpg

IMG_9255.jpg

IMG_9262.jpg

船長になった気分でいろいろしゃべっていました。↓
なかなか帰りたがらなくて、今年はすっかり海に慣れたようです。

IMG_9263.jpg

近くでアイスクリームを食べながら座っているカップルに、

「こんな真昼間からすごいな~~~、沖縄の人は絶対に泳がんよ、こんな
紫外線の中。。。」

と言われました。

ですよね。。。
でも水の美しさがぜんぜん違うんだもん、夕方と昼間は。。。

それと、

もうすぐサンバイザーなんてつけずにバッシャバッシャ
遊ぶようになるんだろうなぁ~~、












[ 2013/07/12 10:41 ] ビーチ | TB(0) | CM(2)

圧力鍋であんこ作り

もう2ヶ月くらい前ですが、
圧力鍋であんこを作りました。

以前からちょこちょこ「圧力鍋ってすごい!」というネタで
ブログを書いている私ですが、
あんこも手軽に作れてしまって、やはり圧力鍋はすごい!
と思いました。。。

あな吉さんの料理本で、炊飯器で簡単にあんこ、というのもトライ
したことがあるのですが、水分がたりなくぼそぼそになってしまい、
小豆の状態が豆によって違ったか~~?

と思ったのですが、今回はぜんぜん大丈夫でした☆

自分で作ると甘さひかえめにできるのでグッド!

IMG_7151.jpg

この日はあんこだけ食べて、あとは小分けにして冷凍保存に
しちゃいました。

後日、、、

あんこで何を作ろうか~~とワクワク悩み、

IMG_7245.jpg

この本↑でどらやきを作りました。
全粒粉も少し使うのですごく風味がよいどら焼き!
しかしきれいな色に焼けませんでした。。--;

IMG_7202.jpg

コギは以前から絵本「バムとケロ」シリーズにある、
パンケーキにはちみつをかけて食べることに憧れているので
絵本みたいに小さなパンケーキを重ねてあげたら大喜び。↓

IMG_7183.jpg

これは「バオバブ幼稚園」関連の本にあった、
かぼちゃ白玉。
簡単に、きれいな黄色の玉ができるのですね。↓

IMG_7249.jpg

先週の週末は、コギとアンパン作り。↓

IMG_9078.jpg

IMG_9086.jpg

少しこげたのもあり。↓
でも、オーブンから出すと、いつもコギは裏声で
「わぁ~~~!きれ~~!」と歓声をあげてくれるのでうれしい。^^

IMG_9089.jpg

普通のパン。↓

IMG_9092.jpg

あんこ入り。↓

IMG_9098.jpg

IMG_9093.jpg

「グッド~~~!」 

IMG_9105.jpg

「いえーーーい!」 

IMG_9106.jpg

時々いただく贅沢ビール。↓
南城市のニヘデビールです☆

IMG_9114.jpg

あんこでけっこう楽しめました☆
[ 2013/07/11 17:22 ] 料理 | TB(0) | CM(0)

七夕まつり

この4月から息子が保育園に入ったので、
どのイベントも初めてのことばかり!

そのつど写真を撮りたくてうずうずしちゃいます。記録!記録! 笑

たまたま寛容な保育園なので感謝しています。

先日も、七夕まつりがあるということで、「甚平か浴衣で」とのこと。

コギは去年、夫が買ったトンボ柄の甚平(大きすぎ)で
元気よく保育園に行きました。

この「元気よく」というのは、
「お祭りの間、写真を撮るからお母さんいるからね。」
と言ってあったので、普段のように泣かないのです。

保育園の最初の頃(4月)のほうが、朝は泣かずにバイバイしてくれる日も
多かったのですが、最近どうもだめです。
すぐ泣き止むとは聞いているのですが、別れ際にかなり泣いているので
胸が痛い。。。--;

なのでついつい、時々休ませては一緒にべたべたと家で過ごし、
夫には「母子密着~~」と言われてしまいます。^^;
だってまだ2歳だからさ、、、。あはは。

「ひこうきー!」 ↓

IMG_9397.jpg

「東京タワー!」 ↓

IMG_9396.jpg

「スカイツリー!」↓

IMG_9398.jpg

この3連発は、自分で考えてお気に入りのポーズみたいです。^^

大好きなはるな先生とのショット。↓

IMG_9404.jpg

IMG_9420_20130709163442.jpg

「おかーさん!!こっちおいでー!!」
と、常にそばに母をそばに置いておこうとするコギト。↓
すぐ来ないとイライラしてこんな顔に。。。。(一人っ子なので王様?--;)

IMG_9417.jpg

またもや母を目で探し、見つけると、、、、 ↓

IMG_9424.jpg

「こっちおいでー!!!」と怒鳴る。。。↓

IMG_9425.jpg

こうして1時間ほどカメラマンとして侵入していた私ですが、
母親がいるとコギが落ち着かないのでなんだか申し訳ない気持ちに。。(保育園に)

でも、先生方はあたたかくて、

「いいのいいのお母さん、最後まで見て行ってくださいよ、
お母さんいるとね、コギト君もうれしいからね~。
写真もいっぱい撮って~~」

と。

なんとありがたいお言葉。。。


先生方の出し物も素敵でした☆

IMG_9448.jpg

IMG_9454.jpg

今月の下旬には、親子夏祭りという、1年でいちばん大きなイベントが
あるそうです。
夫は役員の一人になってるので集まりにも参加するそうです。

なんか夫婦そろってぐいぐい関わってるなぁ~~~。汗

でも成長はあっと間だから、一時一時が大事です。。。。





[ 2013/07/09 16:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

また年をとりました。


七夕は私の誕生日。
36回目の誕生日でございました。。。

ちょうど日曜日で夫も仕事がお休みだったので、南城市のビーナチュラルで
ランチをしました。
南城市は近いのですが、南城市佐敷となると、うちからけっこう遠い。。

最後に行ったのは夫の誕生日だったので、2009年2月でした。
あの時のコギは1歳2ヶ月。(なつかしいブログー)

今は2歳7ヶ月になったので、ずいぶん写真に変化がありました。
お子様プレートも注文したし。^^

せっかくなので、久しぶりにワンピースを作ってそれを着て行きました。
前日に作った超簡単ワンピース。麻の生地で、マリンっぽいボーダー模様。
(写真は小さめで。^^;) ↓

IMG_2659.jpg

IMG_2660.jpg

開店15分後の店内。↓

IMG_9613.jpg

子供椅子がちょっと高すぎました。笑 ↓

IMG_9610.jpg

IMG_9625.jpg

IMG_9644.jpg

IMG_9646.jpg

IMG_9658.jpg

デザートやパンもスパゲッティなどもとってもおいしかった☆☆

車中からの風景。
今の沖縄はまさにガイドブックの色の海!!
梅雨も明けて雨も降らないし、旅行にはもってこいの時期ですね~~。↓

IMG_9675.jpg

IMG_9678.jpg

家に帰ると、なんだか疲れてコギとぐっすり昼寝をしちゃいました。

夕方は夫がコギを連れて買出しに行ってくれて、
なんと、料理を普段はまったくしない夫が、クックパッドを見て
サラダうどんを夕食に作ってくれました。

夫が料理を作ってくれる、、、、
どんなプレゼントより感動してしまった私です。。。

「料理と言えない料理だ、、申し訳ない、」とか、

「シンプルすぎてすまない、、、」

を何度も言いながら作っていました。笑
しかも、買出しの前から「買い物も緊張する、、、」と。

コギもお手伝い。ゴマをかけてくれましたよ。↓

IMG_9705.jpg

IMG_9707.jpg

IMG_9711.jpg

お味はとってもおいしかった!
納豆やオクラもこまかく刻んであって、なんだか繊細でした。

最後はケーキ。36歳なので、こんな感じのろうそく。。。^^;

IMG_9753.jpg

前日から夫に歌を仕込まれていたコギト。

「ハッピバースデー 、くーゆー、
ハッピバースデー、おかーさーん、きよちゃーん、きよこー」

という、おもしろい歌を歌ってくれました。

のんびりとした良い誕生日を過ごさせてもらいました。。^^

36歳かぁ、、、ということは、来年は37歳!

むむーーーー、刻々と40代に近づいているっ!!









[ 2013/07/09 11:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)