Kiyoko's Blog

ビーズデザイナーKIYOKOのブログです。2011年6月から沖縄で生活しています。育児ブログになりつつありますが、よろしければお立ち寄りください。作品はこちらからご覧いただけます。⇛http://www.asian-bloom.com
月別アーカイブ  [ 2014年03月 ] 

もうすぐ1年

以前は毎日私が保育園におくって行っていたのですが、ここ半年くらいは
私の腰痛もあって、火曜と水曜以外は夫に頼んでいます。
そのほうがいろいろスムーズなのです。。^^;

今日は水曜日ってことで、私がおくっていったのですが、玄関を出るときから
「まだ行きたくない!もうちょっと遊んでから!」と言っています。
(朝からそう言って遊び続けていたのですが。。。)

これは今日はバイバイの時に泣いちゃいそうだな、、と憂鬱になるのですが、
「抱っこしようね」と言ってようやく家を出て、
保育園に行くとその雰囲気でゴキゲンになっていました。

しかしだんだん離れたくなくなって、私にしがみつきながら「まだバイバイしたくない!!」
と目をうるうるさせています。
今日は3人の担任の先生のうち、2人がいらして、
どちらも「コギちゃんはママがいいんだね、、」と優しく見守ってくれたり、
「昨日コギチャンがこんなことがあって~~」と雑談をしたりしていました。

時と場合によっては泣いても引き離すこともあるのですが、
先生方は本当にさすが!!といつも思わされることが度々あります。

今日は先生の1人が、「コギちゃん、先生お母さんにコギちゃんのお話しようねー」と言い、

「この間、女の子がいじめられてたらコギちゃん、だめだよーって言って
女の子守った、って言ってたよね、先生見てたんだよ、カッコ良かった―、
そんなこと出来るなんて先生驚いたよー、」

そういう話を聞きながら、コギトの顔がにこやかになっていき、
「そう、コギちゃんは心が強くてやさしいの」と自分で言っていました。

私が「そんなことできるの!?すごいなー、心が強くなったんだね」とコギトの
胸をなでなでしたら、私の膝からぴょんと降りて、「心が強いんだ。」と言って
バイバイをしてくれました。

先生が私に話してるのを聞きながら、自分に自信がついたというか、
こうありたい自分、みたいのを思い出したんですね。。。
あんなに必死でしがみついてうるうるしたり大きな声をあげていたのに
切り替えスイッチが入ったようです。

こんなふうに、先生方はなるべく無理やり引き離すのではなく、子供の心を
切り替えるようにもっていく、
本当にすごいなーといつも思います。

以前はこんなことがありました。

夫が送っていった時のことですが、この日もすごく親と離れるのを嫌がり、
泣いて騒いでいた時のこと。

先生が、「じゃバイバイする前に、お父さんにぎゅーしてもらって10数えようね。」

と、ここまではよくある方法かもしれませんが、

先生が数えだして夫は驚いたそうです。

「いーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーち、
にーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー、
さーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん、、、、、」

ものすごくなが~くゆーっくり数えてくれたそうで、
コギトは10数えきる前に、ぴょんと夫の膝から降りたそうですよ。

夫は私に

「先生、ほんとすごい!子どもたちもみんな先生、先生、って感じで忙しいのに、
コギトにあんなに時間を使ってくれて、
キヨのせっかちも治るかも。」

そう、私は確かにせっかち。笑

やっぱり育児は待てる心が大事なのですね。。。

それにしても、実は保育園に朝行く時に今でもときどき泣いてしまうのは
クラスでもコギト1人くらいなもので、やはり個人差は大きいですね。

同じクラスの子が

「コギト、また泣いてきたのか、保育園は楽しいぞ~~」と励ましてくれたり、

(するとコギもちょっとにやっとする。。)

心配そうに近寄ってくる子など、

みんな優しい子に育ってるな~~~としみじみします。同じクラスの子どもたちというのは、
なんだか私達から見てもかわいいものですね。^
保育園にかよってからもうすぐ一年、成長がめまぐるしいです。








[ 2014/03/05 10:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

風邪かインフルか

先週の月曜日は久しぶりに保育園からお迎えコールがありました。
しかも午前中のうちに。

「38.1度熱があるので、お迎えお願いしますー」

最近インフルエンザが流行っているので、ドキっとしました。

しかしちょうどとある雑誌からの作品提供の依頼があり、その締め切りの日!!
今日はほんと頑張らなくちゃと思っていたので焦りました。

とりあえず家にいた夫にお迎えを頼み、
何度も電話で様子を聞きながら、熱はあるけど元気そう、
と聞いたので、1時間でやり遂げるぞ!!と心に誓いながら、結局は
2時間かかってやっと家に帰りました。

夫から聞いた話では、園に迎えに行くと、コギはいつものクラスにはおらず、
念の為に隔離、ということで先生に手を引かれて別の廊下を歩いていたそうです。
表情は、やはりお迎えということでまんざらでもなさそう、、というか、
ニマニマしていたそう。笑

家に帰ると、元気そうに遊びはじめたそうなのですが、夫が
「寝てないとだめだよー、」と言うとすんなり布団に入り、
ごろごろしながら飛行機をいじったりブツブツ独り言を言っていたり。。。

ときどき夫の部屋へ行き、仕事をのぞいていたり、また布団に戻ってごろごろしたり。。

そして私が

「コギト?大丈夫?もうすぐ終わるからねー、帰るからね」と電話をすると、

コギトは「いい子でごろんしてるよー、お母さん早く帰ってきてね」と言い、

電話を切ったら

「お母さん帰ってくるって」とにっこりして
そのまま寝てしまったそうです。

ということで、私が帰るとコギは寝ていました。

「なんだかんだ、コギが帰ってくるとうれしいでしょう~」と夫に言われ、
「そうなの、そうなの」

と私も着替えてコギの隣にもぐりこみました。

ふと私がいることに気づいたコギは満面の笑みで、そのまま眠ってしまい、
くっついてた私もすぐ寝てしまいました。^^;
ついつい寝不足だったので。。。

なんと、偶然ですがこの日はスタッフSちゃんちの息子さんも同じ状況で
さらにあっちはインフルだったそうで、「一週間休みますー」との連絡が。

インフルエンザは発熱から12時間たたないと検査ができないそうですが、
後から病院へ行ったらコギはただの風邪でした。

でもこの夜は39.6度まで熱が上がり、1度は派手に嘔吐し、気が気でない夜を
過ごしました。インフルのお子さんの看病をしているママさんは本当に大変です。

結局コギは月~水の3日間、保育園を休み、とはいえ、3日目の水曜は超元気で
野原で私と走り回る元気良さ。

大事にいたらなくてよかったです。。。

しかしこのペースで仕事をしていて4月のサイトリニューアルオープンに間に合うんだろうか。。汗

冒頭に書いた雑誌は4月号なので、宣伝にもなるなーと思い、そのことも記載してもらう
ことになっちゃいましたので、ほんと頑張らねば!
(ネットではここでつぶやいてるくらいなのですが、、、。^^;)

そういえば、もう1人手伝ってくれているスタッフHちゃんは大学生。
なので、基本的にお持ち帰りの内職担当です。

21歳の彼女は夢と希望に満ちていて、さらにとーってもオシャレ。
オシャレを楽しんでいるとっても明るい女性です。

私は気がつけば36歳なので、15も年が離れているんですね。
そんな感覚は久しぶりなので、ドキッとしました。

もう1人のスタッフSちゃんは私の6つ下で、これまた優香似で
キュートな女性です。
彼女は育児の先輩だったりもするし、沖縄のことをいろいろ教えてくれる
ありがたい存在。

先日も、ユタのことを(沖縄の占い師というか、神さまに近い存在というか)
教えてくれました。

私が住んでいる糸満では、インチキのユタも多いそうで、それにお金をつぎ
こんでしまうという、悲しい人も少なくない話もあるそうです。

でも、ちゃんとした人になら、人生の節目節目で相談にのってもらうのも
沖縄らしいスタイル。

結婚、仕事、お店をだすならいつがいいか、その他もろもろ。。。

私はあんまりそういうのは信じてないほうなのですが、

香港に以前、よく仕入れに行っていた時のこと、

アジアンブルームの店長をやってくれていた、私の高校時代からの親友でもあった
ひいこと一緒に占ってもらったら(香港も占いは人々の生活に密着しているのです)
同じ星をもっているので、結婚も出産もほぼ同時期でしょう。と言われました。

すると、数年後、

本当に彼女と私は結婚も出産も同じだったのですー。

生まれた月は4ヶ月ほど違いますが、同じ3歳の息子をもつ母同士、
今も心強い相談相手です。^^

占いってあなどれないかもー!

でも、その有名なユタの人に見てもらうには、相当順番を待たねば、予約待ちが
すごいそうです。。。

金額が一律なのはありがたい。(値段は聞き忘れちゃったっ)

中途半端ですが、今日はこのへんで。。。

糸満市役所にて。↓
あたたかい日でした。

P1050820.jpg

沖縄の冬は曇りも多いので、そうすると海の色も暗いのです。。↓

P1050823.jpg

P1050828.jpg

P1050834.jpg





[ 2014/03/03 10:11 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)