Kiyoko's Blog

ビーズデザイナーKIYOKOのブログです。2011年6月から沖縄で生活しています。育児ブログになりつつありますが、よろしければお立ち寄りください。作品はこちらからご覧いただけます。⇛http://www.asian-bloom.com

生活発表会


お遊戯会のことを沖縄では一般的に「生活発表会」というそうで、
毎年12月に行われます。

午前中でプログラムは全部終わるのですが、見てると確かに歌や踊り、
オペレッタだけでなく、途中でぱっとなわとびやフラフープなど、その子の
得意なものを見せて、

「◯◯さんは、これが上手です~~~」 (拍手)

ということや、

一番小さな赤ちゃんクラスも、
「ふだんこんな感じで遊んでます~~」

という具合に見せてくれるので親にとっても楽しい。

コギトは今年はカミナリの役でした。

見てると先生の役の選び方も上手で、
息子も入れて3~4人の男の子は元気グループの枠のようで、
いつもそのメンツが元気な役に見えます。

カエル役だったら、こっそり忍び足で歩く、なんとも言えない情緒のある
演技は、コギトにはちょっとむずかしそうだから、カミナリ役で
がーーーー!!!と騒いでるのが似合っています。。。^^;

DSC03548.jpg

DSC03554.jpg

DSC03555.jpg

DSC03588.jpg

DSC03572.jpg

来週はクリスマス会があるそうで(それは保護者は参加なし)
12月はいろいろ行事が忙しい子供たちです。。。^^



[ 2014/12/17 10:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

4歳になりました


12月8日で息子は4歳になりました。

1歳、2歳、3歳と、、、、

誕生日を親も楽しみにして、どんなふうに過ごそうか熟考していた
わけですが、4歳ともなると、親も慣れてしまって(もうっ??!!)
ほとんど準備不足で迎えました。。。^^;

おうちご飯で腕を振るいたいと思っていたのですが、結局仕事に
追われて外食に~~~。
バースデーケーキに花火がつくのがコギトは好きみたいで、そういう
お店を選びました♪

去年は、3歳に自転車を買ってもらう!という本人の強い思いがあったので、
プレゼントに悩んだりしなかったのですが、
今年はちょこちょこ、戦隊物のオモチャを買っていたり、もらったりしていたので
本人も、「これが欲しい!!」
というものが思いつかないようでした。。(贅沢なっ!)

なので、誕生日を前にしても、

「誕生日何が欲しいの?」

「クリスマスのはサンタさんに何をお願いするの?」

と聞いても、あの物欲のコギトが「・・・・・・」
となってしまう。めずらしい展開。

夫は誕生日に、図鑑を用意していたようです。
「本人が喜ぶとか関係ない。英才教育を始めるぞ!」

なんて言ってます。

誕生日の当日、仕事しながら「まいったなー、今日のプレゼントどうしよう。。」

と困ってしまった私。

は!!っと思い出して、仕事を抜けだして近くの大きめのお店に行って、

トッキュウジャーの「光るパジャマ」を買ったのでした。
しかも、今の時期は平日でもかなり混んでいて、ラッピングだって
交換券をもらって10分~15分待たなくちゃいけないんですね!
クリスマスプレゼントを買う親でごった返していますよ。。。汗

いつもコマーシャルを見る度に、大声で「これ欲しい!!」

と息子は言っていたのでした。

まずは外食して、お誕生日会を楽しく過ごしたわけですが、息子は早く
プレゼントが欲しい様子。
たくさん食べればいいものが待ってるんじゃないかと期待して、
普段は苦手な生野菜のサラダまで大口で頬ばって食べています。
メインも完食。
親子なので目を見れば分かる、、、、

お腹がすいて、あるいはおいしくてたくさん食べてるんじゃない、
この目は、ちゃんと目的があっての目だわ。。。(--;

そして、家に帰って、ピカチューのケーキで大喜び、
そしてプレゼントの時間になったわけですが、

コギトはここまでじらされたので、もー我慢できず、包装紙を派手に
ビリビリとやぶり、

「服だ!!」

と言い、「オモチャじゃない。。。」とつぶやいて、

よく広げてトッキュウジャーの絵まで見たのですが、
笑顔がだんだん泣き顔、怒り顔になってしまって、

「こんなのが欲しかったんじゃない!!」

と楽しい誕生日の雰囲気が一変してしまいました。

なんてことでしょう。。。
プレゼントがもらえて当たり前っていう現代、
私が4歳のときなんて、サンタもないことも知っていたし、誕生日はプレゼント
じゃなくて、いつもより少しだけ豪華な食事を母が作ってくれる、
その程度だったのですが。。。汗

夫は、

「誕生日ってこういうことあるんだよね、、、
弟も小さいころ、こんなふうに怒りだして、楽しい空気が一変するんだよ。」

なんて言っていました。

続いて夫のプレゼントなのですが、夫の買った図鑑が、これまた妖怪をッチの絵柄の
袋の入っていたのものだから、コギトの期待も大。

夫は、

「いや、これはコギトが喜ぶものじゃないかもよ?この袋は関係ないから。。」

と言いながら、もじもじ渡していました。^^;

結局、コギトの中で、どちらも喜ぶものではなかったのですが、

その夜はもう、あるもので満足するしかない、と言った感じで、
図鑑を広げてパパにいろいろ教わって、
暗くなったら光るパジャマを楽しみ、
そうして夜が更けていったのでした。

それにしてもこの光るパジャマ、

ただ、蓄光が入ってるだけだとは思うのですが、ふと目覚めた時にも
らんらんと息子の服が光ってるので、夜中にいつもドキッとします。。
未だに慣れません。。。)--;

息子はそれはパジャマなのに、しょっちゅう「保育園に来ていく!」
と行って上半身だけ着て行ってしまいます。
(気に入ってるんじゃん!)

それにしても、さすがに今回の一件は、ほんとワガママ病!現代っこ病!
と思ってしまって、普段は優しい私もちょっとキレました。

ったく~、、、お母さん、コギトが喜ぶと思って仕事を抜けだして
買ってきたんだよ~、なのにさぁ~、、、

くっつきながら愚痴を聞いてる息子なのでした。。

沖縄本島最南端のケーキ屋さんと言われる
フォーリーフスのケーキ。↓

DSC03859.jpg

身長を測り、、103センチ。(ダンボールが見苦しくてすみませんっ)↓

DSC03745.jpg

体重を測り、、17キロ。↓

DSC03743.jpg

神奈川や茨城のおばあちゃんに電話し、↓

DSC03847.jpg

保育園でもお誕生日会があり(12月生まれは合計11人でした) ↓

DSC03940.jpg

握手をしながらぐるっと一周します。ミッキーの音楽がかかっていてかわいい。↓

DSC03941.jpg

同じクラスのお誕生日の子たち。インタビューを受けてお話します。男の子は
コギトだけでした。^^ ↓

DSC03950.jpg

DSC03958.jpg

先生方はいろいろ出来る! ↓

DSC03969.jpg

ドキドキのインタビューが終わってほっとしてる様子。↓
「お母さん~、まだ帰んないでよ~~」と言ってる。。。^^;

DSC03966.jpg







[ 2014/12/15 10:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

那覇マラソン


この間の日曜日は、那覇マラソンでした。
ちょうど30周年なんですね。

なんと、夫が初出場!

運動は苦手、といつも言っている夫ですが、今年の春頃に突然
「那覇マラソンに出る!」
なんて言うので、

またまた~~~、、、

という感じだったのですが、8月に本当に申し込んで、
なんと3万人も出れるのに、抽選なんだとか。

那覇マラソン、そんなに人気なの?!!??

というか、マラソンが嫌いな私は、知らない世界を目の当たりにして
驚きました。
42.195キロ、、、、
それをチャレンジしたいって人がそんなにいるなんて。。

って言ったら失礼ですね。>_<;

とにかく、まだまだ先、と思っていた那覇マラソンでしたが、あっとうまに
当日になってしまいました。

夫は時々は練習していたようですが、周りからは
「こんなに練習しない人初めて見た。。」

というようなことを言われていました。

でも、私から見ると、週に1~2回、4キロとか10キロとか
走っているように見えました。でも、おそらく最高で走ったのは15キロ。

一度も本番と同じ距離を、同じコースを走ること無く本番を迎えたわけです。
(これってけっこう普通なのかな?)

私はとにかく心肺停止とか、呼吸困難とか、ものすごくそのあたりが心配で、
救急車で運ばれることがないように、、、
と祈っていました。

私自身が、マラソンってそういう恐怖があるんですね。

私はこう見えて少女時代から走るのが得意で、短距離はもちろん
持久走も得意なほうで、学年で3位をとったりことも!!

ところが、小4のあたりで小児ぜん息になってしまい、それからというものは
体育のマラソンでも途中で呼吸が出来ず倒れたり、リタイア、
以前のように走れなくて悔しくてたまらない思いをしました。>_<

しかもスポーツテストでも一番成績が悪いのは「踏み台昇降」。

脈の上がり下がりがとても悪く、アドバイスには「心肺機能を鍛えましょう」
と毎年書かれ、これまた屈辱。。。

自分なりに悔しくて、学生時代はマラソン大会が近づくと、体育の授業だけでは
自信がなくて、早朝に家の近所を走ってトレーニングしてようやく並みの成績を
とれる。。。という情けなさです。

完走は出来ても、ゴール間際になったときの、あの恐怖、心臓がおかしくなって
このまま死んでしまうじゃないかというような、心臓や肺のおかしな感じ、が
たまらなく怖い、、、、という私なので、

(話はもどって。^^;)

身近でマラソンに挑む人がいると、やたら心配になってしまうのです。。。^^;

でも夫は、なんと初出場で完走したのでした!
制限時間は6時間で、ちょうどぎりぎりだったそうなのですが。

でも同じ職場からエントリーした人は4人で、そのうち夫だけが完走した
とのことなので、やっぱり完走しただけでもすごいことだと思いました。

それにしても、マラソンを間近で応援したのは初めてだったのですが、
ずっとランナーが途切れること無く、大人数の束でずっと移動するんですね!
このことに私は驚きました。。

そして一般の人のあたたかい差し入れ。。。♪♪

おばちゃんも小さな女の子も、

タッパーにいろいろ入れて(みかんやらバナナやらアメやら)
手を伸ばして差し出しています。

そして、仮装して走ってる人も多いのでそれもちょっと楽しい♪

写真ではうまく撮れなかったのですが、妖怪ウォッチの仮装が
多かったです。笑

「来年も出るの?」と夫に聞いたら、「もう嫌だ」と言っていました。^^;

私も人生で一度くらいなら出てみたい気がしました。。。

それと、私がちょっと思ったのは、
せっかくの沖縄でのマラソン大会、
県外からの参加者も多いのに、コースを見ると、ほぼ海なんて見えないんですね。
ちょこっと、遠目に見えるときはあると思うのですが、こんなにも見えないコースなんて。。

余談でした。^^;


DSC03686.jpg

DSC03641.jpg

DSC03643.jpg

DSC03692.jpg

DSC03702.jpg

DSC03622.jpg

DSC03598.jpg

DSC03602.jpg

当人以外はのんきな休日です。。。

[ 2014/12/11 23:06 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)