Kiyoko's Blog

ビーズデザイナーKIYOKOのブログです。2011年6月から沖縄で生活しています。育児ブログになりつつありますが、よろしければお立ち寄りください。作品はこちらからご覧いただけます。⇛http://www.asian-bloom.com

廃油石けん


昨日母さんが持ってきてくれたバラ。
こんなコスモスみたいなカワイイのもあるんですね。

P1060633.jpg

P1060632.jpg

ついこの間までテレビで「華麗なる一族」の
再放送がなされていました。
私は以前放送されたとき、一話目で挫折。

でも、母さんが「キムタクの演技はやっぱりすごい!」
と絶賛していたというのを聞いたので、
見てみる気になりました。
(それと録画機能のあるTVになったので録画が便利で便利で、、。♪)

キムタクには興味がなかったのですが、
やっぱりカッコいい!!
いや~、ほんとに演技が上手ですね~~。

確か4話目を見たころに私は神戸行きがあったので
余計にわくわくし、神戸の街を違った目で見てしまいました。

特に、私も行ったメリケンパーク。
ドラマの中では「メリケン波止場」と書いた標識があり、
嬉しくなりました。^^;

実際、今でもあのあたりは古い商社が建物をそのままに
使っているようです。(それもガイドブックでは観光の一つ。)

そしてついに最終回見ました!

う~~、超悲しい結末だったけど、すごくよかった!

人によっては、「高級な昼ドラ」なんて言い方をする人もいるし、
実際、わざとらしいところも多いんです。

例えばドラマによくありがちな、大事な話をしてると偶然
通りかかって盗み聞きしてしまうっ、、、!
そういうありがちなシーンが立て続けに起こります。笑

までも、そういうのをよし、としてくれるような
いいものもあのドラマには沢山詰まっているわけです☆


ところで、

なぜか昨夜から、私は石けんのことで頭がいっぱいです。

きっかけは何だかよく分からないのですが、(みつろう、は理由の一つかも)
ネットで手作り石けんのことを何の気なしに見ていたら、
無性に作りたくなってしまいました。

さっそく隣町の綾瀬図書館へ。

つつじが超キレイでした!

P1060636.jpg

P1060640.jpg

石けんの文献が2冊あったのでそれを借り、
石けんを作るには、水、油、苛性ソーダというものが必要だと判明。

苛性ソーダは小学校の理科の実験で使ったりするそう。
薬局で買えるけど、めったにおいてないだけでなく、
「激物指定」なので購入の際に住所や名前、使用用途を書き、
印鑑が必要らしいです。

無駄足にならないように帰宅してからさっそく薬局に電話。
10箇所くらいに電話してようやく見つかりました。

自然派がいいのに化学物質???と思ったのですが、
苛性ソーダはつまり強アルカリのために必要。

昔は暖炉の灰を入れて石けんを作っていたそうです。
ただ、灰だと程よいペーハー(pH)を見極めるのが難しいので
苛性ソーダが便利だと。

料理用のボールなどを使っても平気??と思ったのですが、
北欧では、魚料理に昔は「灰汁」を入れていたのですが
今は変わりに苛性ソーダを入れているとのこと。

となると毒ではないみたいね。

ただ、石けんを作るときに水と苛性ソーダを混ぜるときがあるのですが
その時に温度が急速にあがります。
なのでゴーグルや手袋をして慎重に扱わなければいけない「激物指定」。
ただ、日本ではそういう扱い方をされる苛性ソーダですが、
アメリカなどでは洗剤コーナーにふつうに並んでいるそうです。

ふ~~、毎日使ってる石けんでも、何にも知らなかった~~。^^;

家でさっそく廃油でトライ。

古い油を500ccほど。湯銭して人肌くらいにあたためます。

P1060650.jpg

苛性ソーダと水をあわせて高温を人肌くらいに下げます。

P1060662.jpg

両者の温度をあわせたら後はひたすら混ぜるのみ。

P1060648.jpg

カスタードクリームっぽくなりました。
サラダオイルは固まりにくいってことだったので、蜜蝋も溶かして
ちょっと混ぜ込んでみました☆

P1060651.jpg

固まるのに1週間くらいかかるらしい~~。

ほんとに泡立つんだろか。。



[ 2009/05/24 23:52 ] 石けん | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する