Kiyoko's Blog

ビーズデザイナーKIYOKOのブログです。2011年6月から沖縄で生活しています。育児ブログになりつつありますが、よろしければお立ち寄りください。作品はこちらからご覧いただけます。⇛http://www.asian-bloom.com

旅~2~伊豆


~旅の話・続き 下田にて2009年6月16日~

おなかがいっぱいになった私たちは、「魚助」で
中村さんたちに進められた「あじさい祭り」を
見に行くことにしました。

知らなかったのですが、この下田ではこの季節、
あじさいがとーってもキレイ!!

IMG_1014.jpg

6月中はずっとあじさい祭りが催されています。

いい運動にもなるし、山の上からの見晴らしも良いそうで
さっそくむかいました。

伊豆の夏は、海水浴の客でいっぱいだそうですが、この季節は
がらんとしているそう。
あじさい祭りののれんが並ぶけど人が少なっ!。。。↓

P1070420.jpg

何気ない街、知らない街、それがなんだかいいですね♪

IMG_1016.jpg

IMG_1019.jpg

IMG_1030.jpg

そういえば、下田はペリー(黒船)が来航した街でした!)
みなさんご存知ですね。。^^;

IMG_1026.jpg

横浜は今年で開港150周年ですが、下田はおととし?で開港100周年
だったそうです。

歴史の教科書をさらっとたどるだけじゃやっぱり覚えないですね。笑
ここに来て、石碑を見て、
下田に来航したペリーの気持ちを想像してみて、
その時の住民の心境を想像してみたりして、
やっと私の記憶に残るのでした。^^;

さてさて、歩いていると10分ほどで現場に到着しました。
途中あつくて、帽子をゲット。

なにやら小さなお祭りみたいな雰囲気で、出店がでています。

IMG_1069.jpg

やっぱりアジサイはキレイですね~~♪

P1070447.jpg

うわっ!けっこうな規模ですよこれはっ!
神奈川にもアジサイで有名なところはありますけど(鎌倉とか)
ここはすごいかも!

IMG_1136.jpg

上を見上げても下を見下ろしてもアジサイだらけ。
山の斜面いっぱいのアジサイ!
アジサイの花が小さなつぶつぶに見えますが、
それが一つ一つ、サッカーボールくらい大きいのですから
すごい~~!!◎◎;

P1070515.jpg

ここはあじさい祭りのポスターに使ってる絶景ポイントだと思います!↓
あじさいの中からデジカメでぱしゃり☆

P1070479.jpg

下田の街、小さくて味のある港町。

P1070463.jpg

IMG_1154.jpg

IMG_1174.jpg

P1070454.jpg

これはちょっと良く撮れたかなァ。^^↓
夢み心地な山道でした。

P1070492.jpg

だけどだんだんアジサイの景色で私はおなかいっぱいになり、
(見すぎるとちょっと疲れるみたいです。苦笑)

ふと見ると外国人の青年が一人であじさい祭りに来ていました。

そういえば彼はさっき山の上のほうで静かにベンチで
読書をしていた青年でした。

「ハロー」
と私の彼が声をかけるとその青年はちょっと
驚いたようだったけれどすぐにこやかにハローと言いました。

その青年はスウェーデン人で、仕事で日本に来たけど
その仕事は終わってあと数日間は観光をして帰るのだと
言っていました。

私たちは泊まる宿の宛がなかったのでその青年に相談してみると

「僕のところは安くて温泉もあってなかなかいいよ。
僕は昨夜ここについたんだけど、泊まるあてがなくて
地元の人に聞いたらここを教えてくれたんだ。
ほら、その旅館は大伊豆っていって、僕のガイドブックにも
載ってるんだ。」

と教えてくれました。

日本にいて、外国人に外国のガイドブックで案内をうけるなんて
とてもおかしな気分だったのですが、
温泉もあって一人3500円はありがたい!と思いました。

P1070525.jpg

そこはペリー通りからすぐの旅館。
ペリーとおりは黒船のペリーがもちろん由来で、
ちょっと情緒があって小川があるとおりです。↓

P1070526.jpg

すぐ着きました!ここが「大伊豆」という旅館。

IMG_1267.jpg

おぉ!超レトロです。。
おかみさんが出てきて「うちは古くってもう50年なの。温泉なんだけど
シャワーがなくてかけるだけだけどいいですか?とにかく古いのよ」
と申し訳なさそうなのですが、
私はそういうの大好きです!^^
こちらはロビー。↓

IMG_1269.jpg

青年は
「お風呂がとにかく信じられない熱さなんだ。なかなか
熱くて入れなかった。」
と苦笑いしていました。

P1070531.jpg

P1070543.jpg

部屋は8畳くらいが2間続いていて、隣が寝室でした。
古いポットや古い鏡台が印象的。。
私たちはとても気に入りました♪

P1070544.jpg

スウェーデンの青年が、
「あのおかみさん、きっと感謝してるよ、
だってさ、靴が僕のしかないんだよ。きっと他にお客さんが
いないみたいだ。」
と言ってくすくす笑っていました。

私の彼が、
「君はこれからどこに行くんだい?もしよかったら
僕たちは車があるからどこか一緒に行こうか?」
と声をかけ、海に行くことになりました。

宿も見つかったので私たちはこの後3人で
石廊崎のほうへむかいました。

私は英語が苦手なので若干心配だったのですが、
旅にはこういうこともつきもの。
「オーケーオーケー、レッツゴー!」

豊かな旅、豊かな人生ってちょっとしたことの中に
要素が隠れていたりするものです。

ちなみに石廊崎は、伊豆半島のちょうど先端、とがったところです~。

つづく。








[ 2009/06/23 21:26 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する