Kiyoko's Blog

ビーズデザイナーKIYOKOのブログです。2011年6月から沖縄で生活しています。育児ブログになりつつありますが、よろしければお立ち寄りください。作品はこちらからご覧いただけます。⇛http://www.asian-bloom.com

北海道 礼文島散策


前日は桃岩荘に泊まり、
今日は同じく礼文島の一番館という旅館に
泊まる予定です。

桃岩スタッフに荷物をみんな一番館に運んでもらい、
私たちは礼文島散策をすることにしました。

礼文島散策は基本的に8時間コースと
4時間コースがあります。

どちらもフェリーターミナルからバスで一時間近く走った
スコトン岬(礼文島の一番北です。)で降りて、そこから
ハイキングコースを歩きます。

私たちは体力に自信がないのと、スタートの時間が遅かったので
4時間コースにしました。

ここがスコトン岬。
人間が小さく見えます~。↓

IMG_3348.jpg

散策コースはどこも人が一人歩ける程度の幅。
車じゃとても行けませんっ。
こう見えて、けっこう坂が急なのではっきり行ってこれは登山です。↓

P1090727.jpg

時々こうした登山グループを見かけます。
全員きちんと杖を持っていたりするので用意がいいなァ、、!!と
感心しますっ。 ↓

P1090514.jpg

今まではホームセンターで買っていたような多肉植物が
ふつうに咲いてるのが嬉しい!!カワイイ~~。 ↓

P1090487.jpg

とにかく高山植物が豊富らしい。↓

P1090527.jpg

まず最初の岬にたどり着きました!
こう見えて、けっこう高いところに登ったんです。もう息切れっ。>_<
でも海がきれい~~☆ ↓

P1090704.jpg

P1090776.jpg

ちょうど飛行機が登っていきます。
すこーーんと気持ちいい! ↓

P1090637.jpg

夫がいつの間にかあんな遠くにっ。
空と大陸とちっちゃな人間、、、、
なんだか不思議な光景です。。↓

P1090811.jpg

またまた小さい人 ↓

P1090843.jpg

どうしてこんなに不思議な光景かというと、
きっとこの島には木が生えない(もちろん木はありますが)から
だと思います。
冬はあまりに寒く、こうした暖かい季節が短い。
だから島の表面にコケが覆ったような地形なんですね。
まるで巨大な亀の甲羅の上を人間が歩いているみたい。。

P1090589.jpg

ということで、どんなに歩いても木陰がない!!
今日に限ってじりじり暑い!!
傘をさしているのですが白い傘なので紫外線をがんがん通してしまい
すっかり日焼けしちゃいました。--;
しかもこの傘、朝の雨のために持っていたもの。。


それにしてもやっぱり「花の浮島、礼文島」です~~。
緑、花、海、青空、
文句なしの光景です。。^^ ↓

それにしても高山植物って、別に高いところが好きなわけじゃ
ないんですね。。だってここ礼文島では海抜0メートルから高山植物
が咲き乱れいています。
湿度や気候があっていえればOKみたいです。^^
それに礼文島は雪解けが早いことから、花が咲く時期が長いそうです。

P1090813.jpg

P1090817.jpg

P1090829.jpg

P1090844.jpg

山を下ると、不思議な貝殻で有名なビーチがあります。

P1090918.jpg

ぽつぽつと、貝殻が落ちています。↓

P1090898.jpg

なぜかキレイな穴が開いている貝です。

P1090901.jpg

何やら他の生物に穴をあけられて食べられちゃう、という
現象みたいです。 こわ。。↓

P1090913.jpg

やっと集落がありました。↓

P1090923.jpg

あ、さっきの貝でマップ作ってる。
地元の方のアートです。↓

P1090921.jpg

たった4時間のコースなのですが、じりじり暑くて本当に
しんどいハイキングでした。。
途中、水をきらしてしまってなおさら辛かったです。^^;

フェリー乗り場に戻ると利尻富士が見えました。
キレイだァ~~。↓

P1090940.jpg

宿につくなりたおれる。。。
もう、足もお尻も筋肉痛です。。。 ↓

P1090955.jpg

その後ゆっくりお風呂につかり、
旅館らしいおいしいご飯を食べました。
礼文や利尻、稚内あたりはエゾバフンウニが有名。
夕食ではウニの土瓶蒸しが自慢だそうで、
その味は格別でした☆

頑張ったかいがあった。。。。

P1090963.jpg

P1090962.jpg





[ 2009/07/19 23:20 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する