Kiyoko's Blog

ビーズデザイナーKIYOKOのブログです。2011年6月から沖縄で生活しています。育児ブログになりつつありますが、よろしければお立ち寄りください。作品はこちらからご覧いただけます。⇛http://www.asian-bloom.com

言葉は大切


コンビニで偶然見かけたこの本を衝動買いして
読んでみました。800円。

P1170883.jpg

よくあるタイトルですが、この本を手にとってしまった私は、
ちょうど話し方で悩んでいたのでした。^^;

悩んだきっかけは夫婦喧嘩。

「え~、二人、けんかなんてするの?」

なんて言ってくれる友達もいるのですが、

ブログでは基本的にいいことを書いているのですが、
一緒にいれば仲のいいときもあれば喧嘩もします。ーー

以前から、
「君は主語がいつも抜けている」とか、
「君は言葉を軽んじている」
などとは指摘されていたのですが、

「君は文章がうまい」
とも言ってくれるときがあります。

でも、やはり言葉を大事にしていない、、

言葉を軽んじてる、、、

確かにそういうところは自覚しています。

ブログも、読んでくれる方がいるのに
書いてぽちっとクリック。読み直さないことも多いのです。(反省)


この本には、

「話すことはあまりに身近すぎて、話すことが持つ"大きな力"に
気づかない人もいる。」

とあります。

そうそう、そのくせ、話すことに自信がある人はなかなか
いないんですよね。^^私も苦手です。

それと、

言うまでもなく、知り合って結婚するまでは赤の他人だった二人。
考え方や価値観、感じ方なども別々で当然。
ところが時が経つにつれて、二人の間にそんなこと当然、
お互い分かってて当然、みたいなことになり、
そこに食い違いが生じたときにお互いを責め合ったりすることになる、


というようなことも書かれていました。

考えてみると、ケンカっていつもそこから生じているかもしれない。

だから

「どうして妻なら分かっててくれないんだ」とか
「伝わってないんだなァ」
などと言われたり、

「これだけ言ってもどうして分かってくれないの」
「私がそんなこと考えるわけないじゃない!」

みたいなことになったりもするわけです。

お互い、大事な人だからこそ分かり合いたい、分かり合っていたいわけで、
逆にそういう相手が一番自分を理解していてくれないことが
悲しい、
そこに苛立ちが生じてケンカはますますこじれていくんですね。

ケンカするとふと立ち戻る。

この本にもあります。

「一つでもわかってもらえたら満足する」

考えてみたら、話せば分かる、と本気に思っているほうが
能天気なのかもしれない。


通じないからこそ、どう話せばいいか工夫して、
その積み重ねで自分の話し方が少しずつ変わっていく。。。

それと、

「話す」より「聞く」ほうが本当は大変

と書かれていました。

つまり、聞くという行為は受身な行為ではないんですね。

もしあれこれ工夫して話すのなら話す方も大変だけど、
「話して楽になる」みたいに、
感情を1から10までばーっと話すこと、
これをやったら、やはり聞く側のほうが大変な労力かもしれない。。

そしてそれにも関わらず、話したからもう自分の気持ちは分かっただろう、
というのは虫がよすぎる話ですね。--

それと、私が何より嫌いなのが「決め付けられること」。

ちょうどこの本にもそんな章がありました。

「君はこうなんだ、こう考えている」

と激しく強く言われ、「違う、そうじゃない、私はこう思ってるんだ」
と言い返しても、たたみかけるように
「いや、違う君はこうなんだ、君はこう考えているんだ」

という状況がとてもだめです。

「あたしのことなのに、あんたが決めるなァ!
あたしが思ってることはあたししか分からない!」

と頭に血が上って手をどこかに強くぶつけてしまいます。
(ここまで頭に血が上ってしまうのは年に数回だけですが・・汗)

そうすると、小指の根元とか、普通はありえないところに青くアザが
できるので、みなさん、そういう人がいたらきっと
頭にきて机にでもあたったんですよ。苦笑)

「親しくても決めつけは反発をまねく」

とあります。

また、怖いのは決め付けることは暗示効果も発揮してしまうことが
ある。。。なんだか子供の教育本にありそうなことですね。

人はやったらやりかえしたくなる、
だから、決め付けられたら相手のことも決め付けたくなる、
そんなような気がします。

彼も、私が決め付けられることをすごく嫌がるのを知っているので、
彼も彼で感情的になっていても、私がオーバーヒートしそうになると、

「そうかもしれない、でも僕は君はこうだと思う」

という感じに

「そうかもしれない」というワードを差し込んできます。
私も単純なので、それがあるのとないのじゃ違うみたい。汗

でも、「決め付け」的なことを言われるのは、私にも非があるのは
分かっています。
日頃から思っていることを言っていない部分も多いみたいで
だから相手は聞き出すか推測するしかない。

やっぱり話し上手な人になりたいなァ。

新書本は買ってもつまらないこともよくあるのですが、
この本はいろいろ参考になりました。
部分的にもう一度読み返して心がけてみようかなと思います。

帰りがけ、携帯で夫に電話し、

「あのねぇ、、あんまり言いたくないんだけど
"女性は話し方で9割変わる"って本を買ってみたの。」

と言うと、

「買っただけ素直じゃん。変われるかなァ」

と言われ

「うるさいよっ」

と言い返したものの、

女は「素直だね」の言葉に弱いので
こうして一気に読んだわけです。

彼も彼で、環境をかえるべく大幅に家の模様替えをしたそうです。

ケンカが派手でも、歩み寄れるのでありがたいです。。








[ 2010/01/04 23:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
言葉って大事だね。
私もブログには良いことしか書いてないけど、やっぱり結婚すると色々喧嘩もします(苦笑)
私もその本を読んでみたくなりました(´▽`*)
今度探してみます♪

聞き上手な人、あこがれるな~☆”
[ 2010/01/05 16:20 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
やーちゃん、どもです~☆
楽しい子育てブログ、時々見せてもらってるよん。^^
そっかそっか、みんないろいろあるよね。
あたしも頑張るよ☆
寒中見舞い、送るね~♪
[ 2010/01/06 20:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する