Kiyoko's Blog

ビーズデザイナーKIYOKOのブログです。2011年6月から沖縄で生活しています。育児ブログになりつつありますが、よろしければお立ち寄りください。作品はこちらからご覧いただけます。⇛http://www.asian-bloom.com

アメリのカフェに行きました。

今日でモンマルトル地区は終わり!
明日はチェックアウトして、モンサンミッシェルへ向かいます。

モンサンミッシェルへはどうやっていくのかなァとガイドブックを
開いてみると、TGCという超特急電車(時速320キロ!)で2時間乗り、
そこからバスで1時間くらいかかるそうです。

その特急電車は完全予約制らしい。。汗

明日なのに予約してないよ~~。汗汗

ちゃんと行けるかなァ。。

さて、今日はモンマルトルの丘、見納め、ということで
また丘を登ってきました。

ところが暴風、と少しの雨。

めっちゃ寒くてひたることはできませんでした。

サクレ・クール寺院も、青空だから白さがはえるわけで、
今日はなんか怖い寺院に見えましたっ。

でも、こっちではイースターらしくて(長期休暇)お客さんは
めちゃめちゃ多い!!

そしてレストラン以外のお店はほとんどお休み。

そういう日でした。
パリはコンビニがないと聞いていたのですが、ほんおるとそう。
近くのスーパーが頼りなのに、8時で閉まるし、今日はどこもやってなくて
閑散としてる。。

夜はひもくなりそうだなァ。。

と話していた通り、買い物ができずに残り物の
ちょっとのサラダ、果物、バゲットですませました。。

フランスに来る前、フランスのことをちょっと調べてみると
あんまり良いイメージが書かれていませんでした。

私の少ない知識でも、

「フランス人はフランス語に誇りを持っているから
英語を話そうとしない。フランス語を話せない人間に冷たい」

とは聞いていました。

あと、聞くところによると、ずるいとかうそつきとか見栄っ張りとか。。^^;

スリが多いというこのパリでも、特に嫌な思いはまだ
していなかったのですが、
このモンマルトル地区ではちょっとちょっと嫌なこともありました。

たとえば、モンマルトルといえば、あの大ヒット映画、「アメリ」の
舞台となったカフェ「ムーラン」がありますよね!

ミーハー気分で行きました。笑

入ってみると、大混雑!!!

このカフェはこの先、何年後でも大繁盛なんだろうなと思いました。

ブラッドピッドの元彼女のジェニファー似でかわいいウェイトレスさんが
オーダーをとりにきて、カフェクレーム(カフェオレ)を二つ頼んだのですが、
値段の高いカプチーノを無理やりすすめられ、
「でも私たちはカフェオレが飲みたいし、、」
と伝えている真っ最中で
「これでいいわね。」とぷいっと行ってしまいました。

けっこう伝えたいことは伝える私たちですが、あまりに彼女が
忙しいのでまいいか、と飲み物を待つと、
おいしそうなカプチーノがきました。

でも味が。。。汗汗

隣のマダムはカフェオレを飲んでいますが
けげんそうな顔をしています。

ここって人気にあぐらをかいて、コーヒーの質を落としてるんじゃないだろうか。

と思ってしまいました。^^;

パリではカフェオレはけっこう高いです。

エスプレッソなら200円~350円くらい。
カフェオレは450円~600円と幅が広いような。。
カプチーノは550円~700円くらいかな。。

ドトールなど、気軽なものはないみたいなのですが、
マックの230円程度のカフェオレはおいしかったのです。笑

とりあえず、飲み終わってお会計をお願いしました。

お会計はテーブルでします。

レシートを持ってきて店員さんはさっていくので、ぴったりあれば
おいてそのままお店を出る。ちょっと小銭を多めに置いたり。

でもなければおつりをもらって、席をたつときにちょっとだけ小銭を
多くおいていったりします。

その日はぴったりなかったので、後者のやり方で払おうと、
彼女にお札を渡しました。

すると、上目遣いで「メルシー~~」と言って後ずさりをし、おつりを
くれませんでした。

私はカフェオレじゃない、おいしくないカプチーノで二人で千円以上だし、
おつりをもらわないと、チップとしては法外だ!!!

と思い、つかつかと彼女に声をかけました。

すると彼女はむっとして、カンカンに入っている小銭の中から
1セント、2セント、、、

と細かく細かく、私の手のひらに乗せるのです。

「私はカンカンに2ユーロコインとか1ユーロコインが入ってるじゃない?」

と指をさしたら、彼女は「I know !」と言って
私の手をぱしっとはらいのけてコインを数え続けます。

さすがの私もカチンときました。汗

そしてお店を出て、むかついたから数えてやる!と手のひらの中のコインを
数えてみると、ちょっとだけ足りない。

そんなことはかまわないのですが、

この国はホームレスも多いし、失業率は20パーセントだし、
細かい小銭を紙コップで集めてる人をよく見かけるんです。

私は手のひらのコインを見つめてなんだかその映像が頭をよぎって、
彼女はよほど私に腹がたったんだろうなァと思いました。

あの店は、映画で見たような素敵な感じじゃなかったけど、
アメリの展示物もあるし、お客さんはみんな写真をとって楽しんでる。
私も写真撮りました。

で、少ない従業員でまわしてるから忙しいし、彼女としては
「そっちもこの店で得たものがあるんだからいいじゃない!」

という感覚なんだと思う。

で、お客さんも、「じゃいいか。」という気持ちになる人も多いのかも
しれません。

私はケチだったのか、あるいは希望通りおいしいカフェオレが飲めていたら
違ったのか、とにかく気分は残念な感じでした。

飲食店は、気持ちよくすごしてテーブルの担当の方に
心ばかりのチップを置いていく、、

それがいいじゃないですか。。

私がしょんぼりしていると、

「きよ、よくやったぞ!」

と夫。汗

なぐさめてくれてありがとう。。。

その後もこのあたりのレストランでは、ミネラルウォーターじゃない
普通の水を飲んだのにお会計の時に
ミネラルウォーター代が600円くらい加算されていて、
いちいち言わなくちゃならなかったり、

すごくかわいいボタン屋さんを見つけてあれこれ話を聞いたり
話をして、買う気だったのにお会計の時にありえない金額になっていて、
(計算しながら買ったのに。。)
予算オーバーなのでもう一度チェックしたいのだけど、

と言うと、
「もう閉店時間を30分もオーバーして君につきあってるんだ!」

と突然オーナーと奥さんが怒り出し、
私もついついあわててお金を出しそうになったのですが
いや、いやまてまて、

と逃げるようにお店を出なくちゃならなかったり、

なんなんだよ~~~~、

という日もありました。汗

モンマルトルの丘、サクレ・クール寺院、あのパリの街並みの風景、
そしてテルトル広場の画家さんたち、
素敵な思いでもたくさんなのに、
なんかこのへんのフランス人って。。。汗

みたいなイメージが残っちゃいました。

とは言っても、実害はない、と言って良いくらいの小さな出来事。

ガイドブックを見るとさんざんな出来事もあるようなので
幸いだと思います。

昨日話した旅行者が、

「2週間目くらいが一番気がゆるんであぶないよ、
われわれはスリにあいそうになった、」

と忠告をくれました。

アメリのカフェ、

「そんなことないよ~、私は好きだよ」

という方にはごめんなさい!

私も一度だけで言ってるだけなので。^^;

とは言っても、やはりアメリが好きな私には、行ってよかったなと
思ってます。笑

P1210845.jpg

すごい混雑!↓

P1210846.jpg

P1210854.jpg

メニューがアメリだ!↓

P1210842.jpg

これが例のトイレかァ。。↓

P1210868.jpg


P1210862.jpg


P1210866.jpg

こっちでは、スーパーやパン屋さんを利用して
部屋でも食事をします。(そのほうがずっと安いので。。)↓

P1190773.jpg

P1190775.jpg

P1190776.jpg

P1190779.jpg

P1190790.jpg

P1190792.jpg

バゲットは日本で食べるよりずっと中がもちもちしていておいしいです!

種類もいろいろあるみたい。

スーパーは同じチェーン店がよくあるのですが、
ここ、モンマルトルではカルフールがありました。
安くてオリジナル商品も多くて楽しい!

ところで、水曜日と金曜日はルーブル美術館の営業が夜10時までに
なります。普段は9ユーロなのですが、夕方6時以降なら6ユーロ。
節約と、人ごみを避ける意味で夜行ってみると、ぜんぜん混雑してる!!

でも、昼間よりはよかったです。^^

こっちはサマータイムなので、晴れていると7時半くらいでも
外が青空!!!

なんだか不思議です。。。

P1210910.jpg

P1210921.jpg

P1220048.jpg

P1220050.jpg








[ 2010/04/05 06:11 ] パリ日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する