Kiyoko's Blog

ビーズデザイナーKIYOKOのブログです。2011年6月から沖縄で生活しています。育児ブログになりつつありますが、よろしければお立ち寄りください。作品はこちらからご覧いただけます。⇛http://www.asian-bloom.com

キッシュを作りました!

フランスのお惣菜と言えばキッシュ!

パリに行ったときに、あちこちで売ってました。
それ一切れでおなかいっぱいになるくらいのも。。。

私は面倒くさがりやなので、子供が生まれてから忙しくなってから
新しいことを始める自信がない。。。

ってことで、

「気軽にキッシュを作れるママになりたい!」

という目標を達成するために、

今からときどき作ってみようと思います。

買ってみました、「キッシュの本」。

キッシュはフランスのロレーヌ地方発祥らしいです。。

生地も、何種類かあって、基本的にはパイのようにさくさく
くずれる歯ごたえがキッシュにふさわしいみたいです。

基本ができれば、冷蔵庫にあるあまった材料をつめこんで、
気軽なおかず、あるいは朝食、おやつになるそうですよ♪

作ってみると、生地も案外かんたん!

よいしょ!よいしょ!って生地をこねたりしちゃ、逆にだめなんですね。

冷えた粉と、冷えたバターを指先ですりあわせて、バターを
粉と同化させるんです。テレビ見ながらやってると、いつの間にか粉だけになって、
バターはいずこへ?!
という状態へ。

そこへ水分(卵など)を入れて、こねないように
ひとまとまりになったら冷蔵庫で寝かします。

いよいよパイ皿へしくわけですが、ねばりのない、言うことを聞いてくれる生地なので
簡単に棒でのばしてパイ皿へしけました♪

そしてまた寝かす。。↓

P1260304.jpg

フォークで穴をあけたら、↓

P1260305.jpg

具を入れずに空焼き。↓

P1260306.jpg

その間にソースを作って↓

P1260308.jpg

具を炒める。↓
今回はサーモン、玉ねぎ、しめじ、アスパラ、チーズ、、、

P1260307.jpg

ソースとまぜて、型へ流して焼きます。↓

P1260309.jpg

焼けたらすぐ食べたいところだけど、冷めてから包丁をいれるそう。
形がくずれたらキッシュがもったいない、とのこと。

P1260321.jpg

てことで、翌日の朝食になりました。↓
トースターであたためて、さくさく崩れるおいしい生地に。
具も、かなりおいしく出来ました☆↓

P1260327.jpg

焼いたキッシュも、2~3日のうちに食べないなら冷凍しちゃってOKだそうです。

生地も、一度に2個分を作るので(それが作りやすいみたい)
冷凍庫で保存できます。

生地だけはいつも冷凍庫にある状態にしておけば、けっこう便利そうです!

しかし、、、

これは妊婦にはカロリーが高いかもしれませんん。。--;

でも、キッシュの生地も、ヘルシータイプとか、いろいろ書いてありました!


本もご紹介したいのですが、写真撮り忘れちゃいました。^^;

タイトル 「野菜がたくさん食べられるキッシュの本」
著者 福田淳子さん
発行所 毎日コミュニケーションズ


かなりお洒落な本でした!




[ 2010/08/20 23:48 ] 料理 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する