Kiyoko's Blog

ビーズデザイナーKIYOKOのブログです。2011年6月から沖縄で生活しています。育児ブログになりつつありますが、よろしければお立ち寄りください。作品はこちらからご覧いただけます。⇛http://www.asian-bloom.com

暮らすということを考える。

図書館の、ティーンズ向けのコーナーから借りた本。
ちゃんとルビがふられていて、、、。

おそらく、これは思春期の子向けの本で(ティーンズコーナーだったし)、
いつか自立して家を出る日のための、
あるいは家出も関係していたり、
そんな彼らへのメッセージなのだろうと容易に予想できます。
私もまだ早いけど、いつかは思春期の子の親になるので、
なんとなく心構えとして読んでみたくなったのです。^^;

案外、というか、とても良い本でした。↓

P1520573.jpg

ちなみに、もくもくと読んでいたら夫がちらっと表紙を見て、

「いつか家を出るの?」

とニコニコして聞いてきました。汗

「コギちゃんがね。」

と言っておきました。

読み始めると、一人暮らしを始めるということはどういうことか、
ゴミも自分で出すし、仕事の帰りには「あ、明日の朝食に使う卵と牛乳がないから
買って帰ろう」などと気にかけ、
電気代の請求がきたらきちんと支払い、、、

などと書いてあるので、これは説教臭くて思春期の子がちゃんと
読むだろうかと思ったのですが、

すぐいい本だと思いました。

「暮らす」ということはどういうことか。

私なんかは、家事も得意でないし、むしろそれに時間を費やすことが
とても無駄なこと、に思えてしまうタイプです。
なので、一歩間違えると、生活とか、暮らすことをないがしろに
してしまうのです。
それで何を優先するかといえば、昔の私なら仕事だったわけですが、
今は生活をちゃんとしないと、と思い、
それがごくたまに、重荷になったりもするわけなのですが。。。汗

ここ数年は特に、「丁寧に暮らそう」とか、「スローライフ」とか、
よく耳にしますよね。

これは、別にきちんときちんと生活しよう、っていう意味じゃないので
へんにストレスを感じる必要はないんです。

ちなみにこの本では、



しみじみ幸せに感じることがあるか。

体と心が喜んでいるかどうか。

生きているって実感できるかどうか。




このあたりをポイントにしています。

たしかに大切。

若い子に、こういうふうに伝えるんだァ、、と感心させられるところが随所に
ありました。
そして、中学生とか、まだ一人暮らしまではけっこうある子たちにも、

「一人で暮らす日々を考えはじめなさい。」

というのは、なんともいい言葉なような気がしました。

私だったら、なんとも大人扱いされたような気になるし、
家出とか子供じみたことじゃなく、
いつか家を出る時のために、自分のことはもう少し自分で
できるようになっていたい、と思うかもしれません。

まとまらないブログになってしまいましたが、

大人が読むにもけっこう楽しかったです。^^


それから、以前ブログで紹介した2冊。↓

ひめゆりのことを描いた戦争の漫画。「コクーン」。

P1520575.jpg

そして石田衣良さんの「約束」↓

これは短篇集なのですが、「約束」と「ブルーイグジット」と「天国のベル」
がよかったです。

P1520574.jpg

ちなみに「約束」は、あの忌まわしい事件、池田小学校での児童殺害事件
をふまえての作品だそうです。。。。

思い出すだけで悲しいです。。




[ 2011/08/25 22:48 ] 読書 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する