Kiyoko's Blog

ビーズデザイナーKIYOKOのブログです。2011年6月から沖縄で生活しています。育児ブログになりつつありますが、よろしければお立ち寄りください。作品はこちらからご覧いただけます。⇛http://www.asian-bloom.com

平和を祈ります

先週は濃い一週間でした。

2回、とある会合に参加して、勉強になったり、お友達も増えたり、
一緒に戦跡も行ってみたり。

子供がいても、つい身軽な気分で参加をしてしまうのですが、
あとから、昼寝の時間とタイミングがとれなくて、
すっごくぐずってキッズコーナーで遊ばせたり寝させたり、、で

ほんとに学習能力がひくい私です。汗

上手なおかあさんは、早めに起きて昼寝をさせてからきたり、
現場に到着するまで子供を寝かせないように必死!そして着いたら寝ていて、
抱っこしながら公演を聞いたり、

私もそんなこと出来るようになりたい~~。>_<

ちなみに初回の会合では、たっぷり昼寝させてから行ったのに、
なぜか眠くて眠くてぐずってしまうパターンでした。。

思うようにはいかないね。^^;

DSCN4557.jpg

おいしいお惣菜ケーキが出てました☆

DSCN4552.jpg

海の見えるグッドなロケーション。↓

DSCN4559.jpg

別の日、会合に向かう途中。。↓

DSCN4598.jpg

DSCN4601.jpg

始まって30分でやっぱりぐずってプレイルーム行き。。。
今回もほとんど話聞けなかった。。涙 (夫がそのかわり聞いてくれました。)
子供には退屈ですよね~~~。そりゃそうか。^^;↓

DSCN4606.jpg

DSCN4608.jpg

DSCN4609.jpg

↑ プレイルームでかなり楽しめたようです♪  

帰りに、近くの戦跡に行きました。

沖縄陸軍病院のあった洞窟。(と言っても、つるはしで人の手によって掘ったもの)

ひめゆり部隊が糸満に来る前に、南風原の洞窟で働いていたと
聞いていたので、行ってみたいなと思っていました。

けっこう戦跡はドキドキしたり重い気持ちになるので、
お友達も一緒に行ってくれてよかったです。。^^;

今回、私が「そっか、、、」と思ったのは、

ひめゆり部隊は、どちらかというと、国より、の考えの方もいらしていて、
県民より自分のほうが上、という意識を持っていた方もいらしたとのこと。

日本軍が洞窟から県民を追い出して(自分たちが使うために)
多くの住民たちが犠牲になったり、
同じ日本人同士でほんとに残酷なことがあったということは知っていたのですが
ひめゆり部隊もそれに近い意識と行動があったとは、、、

完全に人それぞれだと思いますが。

でも、学校の教師を目指していたる人たちはそれだけの教育を受けていたと思うし、
裏若き乙女たちは純粋な心ゆえに、その正義が間違った方に向くことも
あるでしょうし、、、

ヘルメットをかぶってガイドさんの案内で洞窟を歩き、
最後にちょっとだけ懐中電灯を消す時間があるのですが、
本当に真っ暗でぞっとします。

沖縄陸軍病院、とは名ばかりで、実際に行われていた治療は
弾丸を体内から取り除いたり、負傷した手足の切断を行ったり、、
そういう荒いことが多かったそうです。

背中に穴が開いていてピューピューと空気が漏れている人や、
顎のなくなってしまった人、
とても直視できないような状態の患者さんも多くいらしたそうです。

まだ67年前のこと。

小さな子供を抱きながら、時代が違えば何もかもが違う、、と
重い気持ちになります。

DSCN4633.jpg

DSCN4627.jpg

埋められた薬品など。↓

DSCN4635.jpg



[ 2012/03/20 15:24 ] 未分類 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

-
管理人の承認後に表示されます
[2012/03/21 01:20]