Kiyoko's Blog

ビーズデザイナーKIYOKOのブログです。2011年6月から沖縄で生活しています。育児ブログになりつつありますが、よろしければお立ち寄りください。作品はこちらからご覧いただけます。⇛http://www.asian-bloom.com

オムツなし育児

今日でコギは1歳4ヶ月になりました☆

あっという間のような、長かったような。

今日で1歳4ヶ月ということは、
生まれてから1年と4ヶ月もオムツをつけているわけです。

今日はオムツなし育児のことをちょっと書いてみます。
(マニアックなので興味のある方だけ読んでください・・^^;)

私は妊娠中からけっこう育児本などを読んでいたつもりなのですが、けっこう
大事なところをすっぽり落としていて、

「おむつなし育児」

というのを全く知りませんでした。


初めて知ったのはコギが4ヶ月のころだったでしょうか。

知り合ったママさんが、

「うちの娘、もう8ヶ月なんだけどおむつなし育児、今からでも
やってみようかと思って!」

というところから、教えてもらったのです。

確かオムツってふつうは3歳くらいまでしてるもんじゃないの?

まだなんにも分かんない赤ちゃんに教えていくのは超大変そう!

と私は思いました。

で、そのママさんに2ヶ月後に聞いてみたところ、

「大のほうだけはちゃんとおまるでしてくれるようになったよ!
これだけでも楽~~~。」

と聞いて、うーん、おみごと。

私は図書館でさっそく本を借りて読んでみました。

本によると、

ようは哺乳類はみんな小さい頃から肛門部分を清潔にしたい本能があって、
それなのに人間だけは大人の都合で紙おむつを使い、
それは環境にやさしくもないし(膨大なゴミですからね)、
排泄物でおしりを汚してしまうことで大事な本能をないがしろにしてる、、

確かそういう感じで書いてありました。

確かにね、、、。生まれてからずーっと紙のパンツを履いてるなんて
不思議ですよね。

やり方としては、もう生後1ヶ月だったか3ヶ月だったか、もうかなり早い時期から
実践するのです。
ママは、赤ちゃんを観察して、出るタイミングでおまるを(台所のボールみたいなもの)
おしりにあててあげる。
そして出たら褒めてあげる。

これを繰り返すことで、ほんとに小さな赤ちゃんでも「でるよー」っていう
サインを何かしらしてくるようになるそうです。
そして、ママは子供をよく観察する習慣がつくのでこれも母子関係をよくするのに
とてもよいそうです。

こういうのって、やっぱり欧米からきてる育児法なんですよね。^^;

寝起きとか、オッパイの後とか、同じようなタイミングで排泄をするように
なるみたいですよ。

そこでみんなが使ってるホーローおまる、というのが可愛くて、
私も実は早い時期に買っちゃったんですよね。^^;
こういうの。→http://mothering.jp/diaperfree/omaru/

でも、すーぐ挫折しちゃいました。

理由はいくつかあるけれど、コギはけっこう体重が重かったので
(8ヶ月で10キロ超えていてました)
抱っこしながらオマルをお尻に当ててあげるのがしんどかった。
(一人では少ししか座っててくれなかったし・・・)

「歩けるようになる前ならまだ間に合うと思う!」というアドバイスを思い出し、
やっぱりもっと早くからでないとだめよ~~、と思ってしまった。

それと、オムツをぱっと外してオマルに座らせて、またオムツとズボンを
履かせて、というのがけっこう大変で。

長くなってきましたが、

そんなこんなで、オムツなし育児はすっかり挫折してた私ですが、
つい最近、ママ友の一人がアドバイスしてくれたのです。

オムツを変えるたびに、

「チッチしたいときはチッチって教えてねー」

って言いながらぽんぽんとオムツを指でたたく(とんとんと優しく)、

これを何度も何度も何度もやってると、ちゃんと教えてくれるように
なるそうです。

そして、教えてくれたらトイレに連れて行く。
出たら褒める。

それと、

「2歳になったらオムツ外すからね」

という言葉も、何度も何度も何度も言う・・・。

2歳の誕生日の前日にも、

「明日は2歳だね、オムツいよいよはずすからね。」

と言い、本当に2歳になったその日からオムツなしでいけるそうです。

「うそでしょ!!!??」

と思わず私。。

実際、そのママさんは、娘さんが2人いるのですが
もうすぐ4歳になる一人目の子はそのやり方で成功。

1歳8ヶ月の二人目の子も今月からトイレトレーニング、と言っていました。

(その姉妹、すっごい賢いもん!!ーー;)

私は内心、すごい!!やりたい!!と思いつつ、
男の子って難しいんじゃないかなって思っています。

なんかいろいろ世間の話を聞いても、うちの兄なんかを思い出しても、
男の子のほうがおねしょが治るのが遅いとか、
排泄に関しては女の子よりちょっと鈍感なんじゃないかなって
勝手なイメージを私はもってるんですね。^^;

でも、試す価値はある!

と思い、オムツ替えのたびに言い聞かせる、というのを始めました。

「コギ、チッチしたいときはチッチって言ってね」

と言い、ポンポン、とオムツを触ってあげる。

私も真剣な目でコギを見つめてそうい語りかけます。
コギもコギで、
「う~~ん?」と、何か理解しようとけげんそうな顔で母を見つめるんですね。笑

すると、けっこうすぐやってくれました。オムツをポンポン、という行為自体は。
最近は言葉が少し理解できるようになっているので、
「言って」「やって」「とって」とか、わかるんですね。

「チッチ」とは言わないけれど、オシッコが出ると、
ところかわまずオムツをポンポンってするんですね。
端から見ると、笑顔で股間をパンパンたたく姿はかなりかわいいです。笑

でも「したい時」は難しいです。
いつも「した後」にパンパンしてますね。

別のママ友に(同じくらいの男の子のいる)相談してみたら、

「そうなの、うちもそう、これをさ、した後じゃなくてする前に
知らせてくれるようになるにはどうしたらいいかねー、」

と言っていて、みんな同じだ!!と思いました。

食事も排泄も、へんなストレスはかけなくないので
(どっちも基本的な本能だもんね。)
なんか楽しく、気づいたらできちゃったー、みたいに成功したらよいなと思います。^^;

みんな一人目は試行錯誤ですね。

そういえばオムツ、

コギが小さいころはずっとパンパースを使っていて、
(いろいろ試したお友達が、パンパースの立体構造をかなり絶賛していたので。笑)
でもけっこう背中漏れが多かったです。
母乳だけの時期はトロトロだからどれを使っても同じだったかな。。。
途中からメリーズを使い始めてこれは快適。
他にはもう目もくれず買い続けていたのですが、
マミーポコってすごく安い!メリーズより12枚も多くて同じ価格だったのに
気づき、試してみたら快適でした。
しばらくこれにしよう~~~。

1歳4ヶ月にして、コギはやっとパンツタイプオムツのデビューを果たしました。(おそっ・・!)




[ 2012/04/08 15:22 ] 育児について | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する