Kiyoko's Blog

ビーズデザイナーKIYOKOのブログです。2011年6月から沖縄で生活しています。育児ブログになりつつありますが、よろしければお立ち寄りください。作品はこちらからご覧いただけます。⇛http://www.asian-bloom.com

保育園5日目


ひたすら保育園ネタで記録を続けています。。
(コギが慣れるまで続けようかな。。^^;)

朝、送って行く時の車中では椅子の両側を固くつかんで、じっと前を見るコギト。
一切しゃべりません。

前日のように、疑いの眼差しで私を見るのではなく、行くのは分かっていて
とても緊張しいる、という表情に見えます。

信号待ちしているときに私がコギを見ると、コギもじーーーっと私を見て、
私が前を見るとコギも前を見ます。
声をかけても返事はなし。

「コギ、元気??」と聞くと、かすかに首を横にふる。

私は、2歳にもならない子に精神的に負荷をかけてるな~~~と思いながら、
コギを応援する気持ちで運転していました。。

駐車場について車をとめた瞬間コギは少し泣いたのですが、さっと抱きかかえると
静かになって、すんなり園に入りました。

先生が「コギトおはよ~~~~」と声をかけてくれてコギは先生を見る。

泣かずに保育園に入れたので私は驚いて「わァ、泣いてない!」と言ったら
その瞬間、「わ~~~~~~ん!!!!」と大泣きされてしまいました。

ごめん、私のせいだね。。ーー;
神経はりつけてたんだもんね。

そして結局は前日と全く同じように、コギは先生に抱かれながら両手をこっちに
広げて大泣きし、私は後ろ指さされる気持ちで園を出る形になってしまいました。。

がんばって、コギ!!

そしてお迎えの時間。

少し早く到着したので窓のスクリーンが下がってない!(ふつうはお昼寝が始まるので下がってるのです)

そっと覗くと、コギがテーブルで何かいじって遊んでいる姿が。スタスタ歩いて
あっちいったりこっちいったり。

お~~、普通に遊んでる!!

先生が気づいてくれたので私もいつまでも見てちゃいかん、と
玄関をくぐり、コギを見てみると、
コギはしばらくたっても私に気づかず遊んでいましたよ♪

園で写真をとるのはあんまりよろしくないのですが、思わずパシャリ、とその風景を
撮りました。(夫に見せてやろ~~っと)

そしてふとコギが顔をあげて、私に気づくと一瞬ふわっと笑顔になり、
次の瞬間にはみるみるうちにくしゃくしゃの顔で大泣きしながらこっちに
走って来ました。

涙でいっぱいになったコギの顔を拭いてあげながらぎゅーっと抱きしめました☆

先生のお話では、泣いたのは朝だけで、お散歩中も、石をひろっては「いし~!」と
先生に見せてくれたり、「はっぱ!」とか、「シーサー!」とか、
沖縄そばのお店の前を通った時には「おそばー、おそばー」とか、
いろいろしゃべっていたようです。
(ちなみにそのおそば屋さんはコギのお気に入りのそば屋。)

そして機嫌の良い時にやるカエルジャンプもけっこうやっていたそう。

給食も、初日や二日目はひとくちずつくらいしか食べなかったのが、
この日は3分の2は食べたそうで、よかった~~~。

私は心底安心して、うれしくなりました☆

ただ、先生が

「それとお散歩中、おっぱい、おっぱい、って言ってましたよ。笑」

とおっしゃっていて、ちょっと赤面してしまう私でした。。ーー;

コギは先生ににこやかにバイバイをし、私たちは園をでました。

コギは本当に落ち着いていて、すんなりチャイルドシートにも乗ってくれて
帰ることができましたよ。初日や二日目は私に運転させてくれなくて、時間がかかったのです。

「コギト君、泣いてるのは朝だけなので、また時間を伸ばしましょうか」

と先生はおっしゃっていました。

子供の適応能力の速さにはおどろくばかりです。

とにかくよかった~~~~。。

[ 2012/10/20 10:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
読んで良かったです
ずっとまえの日記にコメントすみません。
今日、10ヶ月のむすこを慣らし保育後初めて10時間近く預ける新米母です。焦ったスケジュールでまだ息子は保育園に慣れていなくて、おくって別れる時にギャン泣き、、、
電車に乗ってからかわいそうなことしているな、と私が涙がとまらず、世の先輩ママたちの体験を探していてたどり着きました。
ほかのサイトでは、預けるのに覚悟できないならあずけるな、というコメントもたくさんありましたが、こちらのブログでなやみながら預けられているリアルな様子や、コギくんがだんだん慣れていくようすをみて、とても励まされました!本当なありがとうございます!
[ 2014/01/09 09:44 ] [ 編集 ]
Re: 読んで良かったです
ぷよままさんへ

育児関係でたどり着いて頂いてなんだか嬉しいです!
10ヶ月で長い時間預けるのはとても不安でしょうね。。
心中お察しいたします。。
息子は今3歳になりまして、最近は細かいことをブログに
書いていないのですが、最近また保育園に行く度に大泣きをして、
実は昨日の夜に「保育園、行きたくないんだ、行きたくない、、」
をずーっと言い続けていたので、なんだか何か思いつめて
いる様子、、、と思って私は悩みつつ今日はお休みさせた
だらしない母親です。(朝はよく嫌がるのですが、前夜から何度も
言うのはめずらしかったのです。。)
悩むのは、こうやって甘やかすから、あるいは私の態度が
ぱしっとしてないからだめなのかな、というところもあります。

3歳になっても、こうして前進と後退を繰り返すんですよね。。
他の子は泣いてなんかいないのですが、「ママと離れても平気な
時間」は他の子と比べようがないものです。。。その子のペースが
ありますもんね。。それに、コギも泣かないで行ける日もぜんぜん
あるのですが、こうして繰り返しているんですね。
「預けるのに覚悟できないならあずけるな」という言葉、
そうですね、ありそうですね~~。。^^;
でも、自分の子供でも、やっぱり人と人ですからね、、
有無を言わさぬ態度をあえて心を鬼にしてする、のが正しいか
私は分かりません。。
なんだか違うんじゃないかなとも思うし。。。
私は最後の手段、自分の仕事を諦めて保育園をお休みすることを
選べる立場にたまたまいたわけですが、どうにもならない場合が
普通は多いですものね。
ママも泣いてもいいと思います。。

コギは、私が去ってしまった後に泣いてる時、先生が「お母さんは
コギのこと大好きなんだよ~」の言葉で泣き止んだり、
お迎えに行った時に、私がいかにコギトに会いたかったかを伝えると
喜んだりします。「お母さんも会いたかった?」と。
子供はママに愛されたいんですもの。。

子供もそのうち事情が分かると思いますし、けじめをつけるために
冷酷にするママさんはちょっと違うんじゃないかな~~と
私の個人的な意見です。。
ぷよままさんは、素敵なママさんだと思います!
自分の直感とか、母性を信じていいと思います!

[ 2014/01/10 00:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する