Kiyoko's Blog

ビーズデザイナーKIYOKOのブログです。2011年6月から沖縄で生活しています。育児ブログになりつつありますが、よろしければお立ち寄りください。作品はこちらからご覧いただけます。⇛http://www.asian-bloom.com

もう辞めました

久しぶりの更新です。

実は、11月いっぱいで保育園を辞めることになりました。

10月の中旬に入園したので約1ヶ月半!短い~~~!

その間、胃腸炎でお休みした期間もあるし、実質、通った日は何日だろう。。。

最初の数日は母子ともに泣きましたが、先生も周りの人も「慣れるのが早いね!」
と言ってくださるくらい、スムーズに保育園生活になじんで、
私たちも「コギも楽しそうだし入れて本当によかった~~!」、
自分たちも楽になったし「保育園さまさま~~!」
「何より、あの保育園、そして先生方は安心だよね、、、本当にありがたいね、、」

なんて話していました。

そして、胃腸炎で1週間ほどお休みした後も、またリセットすることなく
保育園が見えるとするっと私から離れてニコやかに私にバイバイして保育園へと
入って行ったり。

毎日、「今日は保育園どうだった?何した?」とコギに聞くと、
「せんせい~、積み木、はさみー、うたー」

などと一生懸命答えてくれていました。

ところが、ある頃を境に保育園への拒絶反応が出てきたのです。

いつもは泣いても朝の数分間、私が去るとすぐ泣き止んで園の生活へ入っていって
いたのですが(私も窓からそれを覗いて見るので知ってるのです。^^;)

もう、どうしようもないくらい保育園を嫌がり、家でも保育園の話をするだけで
異常なくらい怒り出し、ゴキゲンな時に保育園の話題をふるだけで顔色が変わってしまい、保育園に行く事が恐怖にすら見えてきました。

先生は「慣れてきた頃に逆戻りしちゃうことが時々あるんですよ」

と仰っていたのですが、私はコギの様子を見て、なんだかダメそうだなーと思いました。

で、保育園を辞めると決断した決め手は

最近、入園する子供が10人も増えた。
もともとお庭がない保育園だったので、週に何度かのお散歩が大事だったけれど、
お散歩がなしの週も多くなってしまった。

このあたりです。

無認可なので仕方のないことなのですが、やっぱりワンフロアーに0歳から5歳まで、
一日中外に出ずに過ごすのはストレスがたまりそうです。

それに、100人の子供が110人になっても大差ないけれど、
20人もいなかった保育園に10人も子どもたちが増えると、はたから見ても
ぎょっとするくらい子どもたちが多く見えるのです。

入園した頃は、ワンフロアーだけど、子どもたちの数も少ないしゆったりしてるから
リトミックなんかのリズム運動と近くの公園へのお散歩でなんとかなるだろう。
4時半に私がお迎えに行って、そのまま海や公園で遊ばせればいいかな?

なんて思っていたのですが、保育園でのお散歩もなくなったし、
先生方の余裕もなくなっているように見えました。
余裕がないからお散歩に行かなくなったのかな?行ったらその後全員の手洗いやうがい、お着替えなんかで大変ですものね。。
少ない先生の人数でやっていくのは大変そうです。

一日中ほとんど泣いていた、という話を聞いたりすると本当に辛い。

ある時はお迎えに10分ほど遅れて行ったら(4時40分)コギの泣き声が
少し離れた車まで大きく響いていたりして、急いでガラス越しに中を覗いてみると
コギの姿がない、真下を見るとガラスにへばりついて大泣きしていました。

少しでも楽しく過ごせる時間、過ごせる何かがあればよいのですが、
もう、何もかもだめで、泣きっぱなし。
朝ごはんもちょこっとしか食べず、お腹もすいているはずなのに
給食もスープ一口くらいしか飲まず、という状態になってしまいました。

ちょっと前に読んだ雑誌に、

「保育園に入るのに子供が泣くのは、今までずっと一緒だった母親と離れる不安、
そして保育園という、知らない場所への恐怖から」

とありました。

そうなんですよね、だから胃腸炎で一週間お休みした後でも、自分の知った場所だし
どんな風に過ごすか知ってるからコギはニコやかに私にバイバイして園の生活へ
入っていた。

でも、コギの気持ちや状況が変わってしまったのですね。

泣いてもいいんですよ、その先に楽しいことが待っていれば。。
それが無くなっちゃったらここまでして行く意味が、、、、、。

最後のほうはもう、保育園の駐車場までは行くのですがあまりに泣いてしがみついてくるコギが不憫になって、「今日はやめよっか。今から公園でも行く?」

なんて言って母子でズル休み気分を味わっていましたよ。。(- -;)


すると、号泣から一転してニコやかにものすごく楽しそうに公園で遊んでいました。

それを見守りながら私は、

コギが本当に楽しそうに保育園に通っていた日々や、作ったもの、お絵かきしたものを
うれしそうに見せてくれたことなどを思い出したり、
自分が完全に仕事モードの頭になって、物件を探したりいろいろ計画を考えていた日々を
振り返ったりして、

なんだか幻みたいな日々だったな~~~

なんて思いました。^^;

辞めるなら辞めるで早く決断しないと、コギも「今日は行くのか?」「明日はどうなの?」という不安がストレスになっているみたいでした。

最初は「泣けば行かなくていいのか」と言っていた夫も、すぐコギの状況を把握して
賛成してくれました。

今回、私の心強い相談者になってくれたのは、日向の母でした。
(結婚前は幼稚園の先生だったそうです)

保育園に入る前も、「よくなかったら辞めたっていいんだから!」と軽く言ってくれたのもありがたかったし、

「嫌がることを無理にさせることはないのよ、
この時期は脳がすごく発達する時期だからね、いやだーとか、辛い―っていう感情
は極力少ないほうがいい。
とにかく、楽しい!!っていう感情をいっぱいにしてあげたほうが脳にいい」

と言ってくれました。

どうしても、という理由で急いで預けて働かなくてはならないのなら
仕方がないですが、(そのぶん、おうちでいっぱい愛情をかける!)
まだ余力があるなら他に方法を探そう、、、と思いました。

ところで来年度の認可保育園の申し込みの期限がせまってきました。

この、とってもとっても面倒な書類たち!!

これを提出したってはっきり言って無理そうな気がします。

1歳児の定員が12名で2歳児の定員も12名、、、、。

ふつうはみんなそのまま辞めずに2歳のクラスにあがるわけだから、
どうしたって入れるはずない!!
しかもそこに10人は待機して入れるのを待ってるわけだし、、。
どこの保育園も1歳児と2歳児の定員が同じところが多い。

かと言って無認可もいいところはいっぱいだし、あとは入れそうなところは
お庭がなくて不衛生なところばかりのようです。
それで料金も高いなんて、、、。

こんなんじゃ、働きたくてもみんな働けないよね、
日本政府のやり方は~~~!!

夫がデンマークのお友達と時々メールのやり取りをしていて、ちょうどコギトと
同じくらいのお子さんがいるのですが、
あっちはやっぱりそういうところが整っていて羨ましいです。

この先どうなるか、どうするか分からないのですが、

最近の私は、以前にもましてコギをかわいがっています。

先月、頭が仕事モードに切り替わっていた時期を思い出すと、コギのこと
あまり見れなくなっているんですね。
一緒に遊んであげてもちょっと別のこと考えてしまっていたり。
不器用なタイプなのでしょう。。

今、本当にかわいい時期だしあっという間に離れていくのも事実、
正直、疲れやすくてしんどい時も多い私なのですが、せっかく仕事できない状態なら、
もっともっともっと可愛がってあげよう!!

考えてみたら、以前は中途半端な気持ちの時も多かった。

子供はカワイイけど、仕事したいなァ~~、あれもやりたいな、これもやりたいな、
1人になりたいーーー、
社会から取り残された気分がする、、、(←ママさんなら誰でも経験する気持ち!)
孤独な気がする、
年とったらどうなっちゃうんだろうーーーという不安。

そういうネガティブな気持ちが邪魔して、
生活や育児を楽しめないときってありますよね。

家のことをして、子供にご飯を食べさせて着替えさせてお風呂に入れて
遊ばせる、

着々と任務をこなす、、、みたいな。^^;

どうせ今は仕事できないのだから、

今日は任務を全うできたか、

ではなくて、

今日はコギと一緒に自分も楽しい一日を過ごせたかどうか、

を大事にすることにしました。

楽しいと、自分にゆとりが出来て、パワーがみなぎってくる感じがしました。

ゆくゆくは仕事したいので、それはちゃんと頭の片隅に置いて、
もう一度自分の育児や生活スタイルを考え治す時期です。

それにしても、

あれだけ保育園ネタをブログに書いた私なので、
辞めたこと、なんて書こうかな~~と気重に思っていたら、夫が

「いいじゃん、『保育園卒業しました』で」

とちゃかすので、むしろ気が軽くなりました。^^;

「まァ、辞めて正解だったけど、挫折は挫折だな」

と言う夫。

そうなんです。私もそう思う。
もし来年、認可に入れることになったとしても、大丈夫なんだろうか。

よく日向の母は、

「育児に正解はないんだからね、育児を通して親も子も成長するの」

と話してくれます。

そうですね、これからまたいろんなことがあると思うし、
子供の年齢が上がるほど心配事は増えていく一方、と言うので、
今はまだかわいいもんだな~~と思います。^^;

またちょこちょこ更新していきます。

これは11月25日に恩納村へ行った時の写真です。↓

IMG_3142.jpg

IMG_3171.jpg

IMG_3191.jpg

IMG_3164.jpg

[ 2012/12/03 05:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)
コギトくん、そんなことがあったのね(T_T) ガラスにへばりついて大泣き・・・ 目の当たりにして清子も辛かったね(>_<)

うちも一時保育を頼んだとき、5日間の予定が最後の日は泣かれて4日で終了したのを思い出したよ。でも今じゃ4月から幼稚園に行くのを本人楽しみにしているのをみると、ちょっぴりさみしいデス(;_;)

清子のブログ読んでて自分も考えさせられたー。楽しい一日を送れるように♪と思ったら、 明日何しようかワクワクしてきたぞ!! 場所は離れてるけど、コギトくんの笑顔いっぱいのブログ楽しみにしてるよー!


[ 2012/12/04 22:41 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
oyakataへ

コメントありがとう~!
親方は相変わらずあったかい人だなァ。。としみじみしちゃったよ☆
賛否両論あるだろうけどね、自分の信じたことをしたいよね。。
お子さんの話、楽しかった♪ 育児の先輩の話はなんでもためになるなァ~~☆
お子さんたちの写真、いつか見てみたいな~。^^
[ 2012/12/04 23:16 ] [ 編集 ]
きよこさま

お疲れ様でした。決断されるまで迷われたと思います。
私は子供はいませんが、親は子供によって学びを得るんだな~と
最近友人などを見てつくづく感じています。
だからお子さんに感謝ですよね。

個人的には保育園はたくさんあるので、
行かせることだけにこだわる必要はないのかな~って思います。

行かせることに重きを置くのではなく、お子さんの気持ちに重きを置いた
きよこさんは素晴らしいと思います。

また優しい笑顔のコギト君と会えたら嬉しいな~と思います。

[ 2012/12/05 15:55 ] [ 編集 ]
おやま。あったかい人だなんて〜褒められちゃったのかしら〜ん(≧∇≦)単純なので浮かれております♪ 子どもはね、3人ともおんなじ顔で、素朴な顔って感じよ。

あ、ちなみにうちの一時保育ですが、とっても印象が強かったようで、1年以上前の話だけど未だに「このヨーグルト保育園のおやつで食べたー(^o^)」とかちょこちょこ嬉しかった保育園ネタが出てきます。

時間が経って、コギトくんも保育園の楽しかった思い出話をしてくれるといいな〜!
[ 2012/12/08 22:40 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
関西のちえさんへ

いつもありがとうございます!^o^

おやさしいコメント、うれしいです☆

確かに保育園はいっぱいあって、その内容も本当に様々みたいですね。
まだまだ甘ちゃんな私ですが頑張りますー。。

元気な顔、セレクトしております!笑
[ 2012/12/09 08:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する