Kiyoko's Blog

ビーズデザイナーKIYOKOのブログです。2011年6月から沖縄で生活しています。育児ブログになりつつありますが、よろしければお立ち寄りください。作品はこちらからご覧いただけます。⇛http://www.asian-bloom.com

またしても蛇

先月、海へびに遭遇した話をブログに書いたのですが、

実はそのちょうど1週間後に、今度はハブに遭遇してしまいまいました。

「沖縄はハブがいるからキライ!」とか、

「沖縄どうだった?ハブいた?」

なんて言う人がいるくらい、沖縄はハブのイメージが強いようですが、
2年以上住んでいて、一度も遭遇したことがありませんでした。

ただ、雨上がりにはにょろっと茂みから出てくることがあるから注意、
というのは聞いていたので気をつけていました。

遭遇したのは、ちょうど沖縄のお盆(旧盆なので、今年は8月19日~21日でした)で、
米須エイサーを見に行っていたときのこと。
エイサーは夜8時から夜中にかけて行います。

レジャーシートを敷いて、家族で見ていたときのこと。

後ろから若者が小声で、「す、すみません、後ろからハブが来てますよ」

私はすぐ振り返りました。しかし見ると、ミミズとまではいかない
けれど、かなり小さい、つまり蛇の子供がにゅるにゅると私たちの
レジャーシートに向かってくるのでした。

そして私も小声で隣にいた夫に、「ねえ、ハブがこっちに来てるんだけど、、」

と言うと、すると夫は驚き、その表情で私もわれにかえり、「きゃー!!」

何人かの若者が、その小さな蛇を踏みつけようとしたので、夫がすぐに
持っていたバヤリースの空き瓶を地面に近づけました。

すると蛇はするする~~と瓶に入り、「ふた!ふた!」と適当な紙を丸めて
瓶にふたをしてみんなで胸をなでおろしました。

このお祭りは、地元の公民館のところで行われる小さなお祭りなので、
お客さんのレジャーシートでいっぱい、という感じではなく、
もっとスカスカでゆったりしているので、ハブが来てパニックに
ならなくてよかったです。

「小さくても大きくても毒はいっしょ!」

「生かしておいたらダメ!そのまま大きくなっちゃう」

など、沖縄の人は基本、ハブはつかまえたら生かしてはおかない、そうですよ。

そうは言っても、若い青年たちもハブに接したことはそんなにないみたいで、
「瓶、貸してください!」とあっちこっちで携帯で写真を撮っていたので
なんだかおかしかったです。笑

夫は余計な殺生は絶対にしない人なので、帰りに山のほうで瓶のふたを取って
放置し、翌日に瓶が空なのを確認してから回収していました。

コギは、怖がらず、興味もそんなに示さず、でした。

私は、お盆に蛇が私たちのほうに歩み寄ってくるなんて、
しかもちょうど1週間前にも海へびが近づいてきたし、
こりゃいいことがあるかも!
あるいは、私の父が天国から孫に会いに来たかも、

なんてぼんやり思っていました。

しばらくして、

仕事から帰ってきた夫が

「沖縄でも、蛇に会うとお金がまいこむって言われてるらしいよ。
でも、人には絶対に言っちゃだめなんだって。あはは。」

と言っていました。
あらら、もうみんなに言っちゃったよー。

写真です。↓

IMG_1934.jpg

IMG_1956.jpg

IMG_1959.jpg

IMG_2012.jpg

IMG_1906.jpg

バヤリースって沖縄の会社ってご存知ですか?↓

IMG_2079.jpg

中にハブの子供が入っています。↓

IMG_2133.jpg

でも、毒は本当にこわいので、もうむちゃなことはだめですね。
万が一、、と思うと、本当にこわい。

沖縄ではハブに気をつけましょうー











[ 2013/09/10 11:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する