Kiyoko's Blog

ビーズデザイナーKIYOKOのブログです。2011年6月から沖縄で生活しています。育児ブログになりつつありますが、よろしければお立ち寄りください。作品はこちらからご覧いただけます。⇛http://www.asian-bloom.com

お弁当会とオヤツ

先日の火曜日は息子の保育園の初プール日でした。

プールと言っても、大きめのビニールプールをいくつか並べて
遊ぶ簡易的なプールらしいのですが、子どもたちはもうプールが
楽しみで仕方がありません。
クラスも16人程度なのでちょうどいいかもしれませんね。

と同時に、たまたまなのですが、その日は月に一度のお弁当会でした。

去年は月に一度のお弁当は、たった月に一度なのに私はとても気負ってしまい、
無駄に早起きしすぎて一日だるく過ごしたりしてしましたが、今ではお米を
セットすることすら忘れてしまったり、保育園が近いことをいいことに、お昼時間
までにお弁当を届ければいいだろう、みたいな考えになってしまいました。^^;

今回も前夜はレシピ書きをしていて夜更かしをしてしまい、すっかり朝寝坊。。。汗

朝、息子にいってらっしゃいをする時になって

「やばい!お母さん、オヤツ買い忘れたよ、オヤツ何がいいの?」

と息子に聞いたら、

「はーやーが前持ってきてた、ぶどうの味の、長くてぐにゃぐにゃ
してるやつね、分かるお母さん、今度見せてあげるからね!」

と説明して去って行きました。

はーやーはお友達ですね、
そして「長くてぐにゃぐにゃしてるもの」
っていうと、きっとグミですよね、長いのがあるのかぁ、、、。。と思いました。

お弁当会の、このオヤツっていうのがクセモノで、持ち物には確かにオヤツ1個、
と書いてあるんですね。

そして息子が2歳クラスだった頃も、このオヤツっていうのは
お弁当を食べたあとのちょっとしたオヤツ、楽しみ、のようなもの、
と私は思っていたのです。
なので、小さなクッキーかおせんべいの入った袋、などを1個入れていたのですが、

お弁当会前日の夕方にスーパーで買い物をしていると、よく同じ保育園の母子を
見かけ、子どもの手にはじゃがりことか、キャラクターの絵が書いてあるお菓子の
箱など、がっつりとしたオヤツを持っているんですね。
前日から自分で選ぶことも楽しみの一つらしいです。。。

そして、先生にも言われたことがあるのは、

「お弁当を全部食べたらオヤツを食べれるんですけど、子どもたちはこのオヤツが
とっても楽しみなんです。友達同士でオヤツを交換したり、分けてあげることを
喜んだり、とってもいい感じです。
なので、オヤツがメインなので、お弁当の中身は少し減らしてもいいですからね、
必ず食べきれる量でお願いします。」

とのこと。

それを聞いた時はけっこうショックで、
お弁当、、、一生懸命作りたいのにっメインじゃない、
そしてオヤツだって出来たら手作りしてあげたいのに、お弁当風景を見たら
みんなチョコだのスナック菓子だの既成品のオンパレード!

でも、楽しいことが一番なんですよね。だって月に一度しかないですからね、、

そして、2歳の頃なんて(今は3歳ですが)お友達に貸したり分けてあげる
ことが難しい時期です。その時期に、子どもたちが満面の笑みでオヤツを
交換っこしてる姿はうれしいものでした。。。

・・・と話は戻って、

この間の火曜日の朝、私はお弁当を作った後に、近くのスーパーへ
オヤツを買いに行ったのでした。

そしてお菓子売り場へ行くと、はは~~ん、ぜったいにこれだわ、
というものが売っていました。
ぶどうの味で長くてぐにゃぐにゃしてるもの、
それはやはりグミでした。

まったく、なんでオヤツにこんなの食べるんだよ~~、と思いながら、
子供って、ほんとにワケのわからないものが好きなんだから、、と
自分の子供時代を振り返ってもそうだったなぁとしみじみしながら
お会計するのでした。

そして、今日はプールだからきっとお昼ご飯もいつも通り11時からではなく、
ちょっとずれ込んでるだろうと思いながら10分遅れてで保育園に到着すると、

「お母さん、ちょうど電話しちゃいましたよ~」

と先生に言われ、みんなしっかりお弁当を食べ始めていて
コギトだけニヤニヤしながら歩き回っていました。

私を見るなり走り寄って来て、「お母さん~~~」と甘えていました。

「これでしょ、長くてぐにゃぐにゃしてるやつ、ちゃんと
お友達にも分けてよ~」

と言って見せると、「これこれ!!ありがとう!」と言って輪の中へ戻って行きました。

幼児期は一度に食べる量に限界があって、3回の食事では足りないので
おやつ(甘いモノでなくバナナとかオニギリなどでカロリーを補給できるもの)が
必要、とよく言われますね。

こちらの保育園でも、お昼寝後のおやつでは、そいういった内容の
おやつです。

でも、休日の息子は普段はほとんどオヤツをあまり食べません。
食べると食事があまり入らなくなるので、自然とそうなりました。。

それにしても、、、

朝が苦手な私は、幼稚園に息子が通いだしても毎日お弁当を
後から届ける母親になってしまいそうで不安です。。。汗

沖縄では幼稚園はほぼみんなが行くもので(保育園の後に幼稚園に
1年間行くのが定番)、バイトのsolaちゃんも、この1年間のお弁当が
大変だったとよく話しています。
小学校の給食、ほんとありがたいって。。。

できるかな、ドキドキです。。^^;

かけよってくる息子の姿。。。↓
4歳のクラスと合同でお弁当会しているようです。

P1070375.jpg

新しく引っ越した事務所のあるエリアは、市立図書館にも近かくて
閑静な住宅街です。ファミリー向けのマンションがぞくぞく建設ラッシュ
なのですが、建物同士の間隔も広いので窮屈ではないし、、、
とにかくいいところです。↓

P1070312.jpg

しかし、お墓やガマ(洞窟、防空壕)が多いのがちょっとドキッとします。
緑が多くていいのですが、なんだかね~~~、、、^^;
こんなところもあります。↓

P1070313.jpg

ガマは、植物がうっそうとしていて、入口があまりよく分からないものも
あるのですが、ここはいつも通る度に気になっていたところ。。。

ここでもたくさん人が亡くなったかと思うと、ドキドキしちゃいます。。。

しかし、夫が近所の人と話をしたら、このガマは舟型爆弾の隠し場所
だったそうで、そんなに人は死んでないんじゃないか?

と言うので、私も近づいてみました。

ちなみに夫はガマに大変興味があるので、専門家のおじいちゃんと一緒に
ガマ彫りをして、年代ものの瓶などを探し出したりしてきて、
ガマへ行ったと話しては職場の人たちに「まったく、取り憑かれても知らないぞ」
と言われてしまうそうですが、、、。

で、中をのぞいてみると、少し深く掘り下げてあって、
台風の後だったので雨水がたまっていました。その水がまるで
湧き水のように透明で、シダ植物が光ってキレイでした。。。しかし
ゴミも多かったです。。。^^; 
何でも好奇心のある子どもはやはり喜びますね。。。冒険だ!とか言って。。。笑

P1070316.jpg

P1070321_20140719001204819.jpg

P1070314.jpg

緑も多くてはやり気持ちのよいところです。

P1070315.jpg

こんな風に、沖縄本島でも南部は常に戦跡が身近なので、
戦争に思いをはせることがたびたびあります。
そうすると、本当に子どもたちが宝というか、未来をつないでいく
存在なのだと実感させられたり、、

その頃に子供を育てた人たちはどんなにか不安な状況だっただろうと
息子を見ながら思うこともよくあります。。

ニュースを見る度に思う、、、戦争、もうなくなって欲しい、、、!!
日本だって、、、安倍さんもいい加減にしろっ!



[ 2014/07/19 00:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する