Kiyoko's Blog

ビーズデザイナーKIYOKOのブログです。2011年6月から沖縄で生活しています。育児ブログになりつつありますが、よろしければお立ち寄りください。作品はこちらからご覧いただけます。⇛http://www.asian-bloom.com

パリで仕入れたボタン


2月2日にウェブショップを更新してから2ヶ月が経ってしまいました。。。
やはり赤ちゃんを育てながらの仕事はかなりスローペースです。。。汗

ただ、今はまだ寝る時間が日中も多いのでその隙にちょっとずつ
進めたり、夫がみてくれてる間に2時間だけ事務所で仕事をしたり、
事務所へ連れて行ってスタッフに抱っこしてもらってる間に急ぎのことを
したり、
ほんのちょっとずつ、焦らないようにやってます。。。
生後6ヶ月くらいになったら(今は生後4ヶ月)、ほんとに起きてる時間も
長くなりますね、
自宅で仕事をするウェブデザイナーの友人はお子さんが生後6ヶ月ですが、
「もう昼間はパソコンを起動するのやめた!イライラするから。土日に夫に
預けていっきにやる!」

と言ってました。その友人も、小さい時はねんねが多いから
仕事進むじゃん-って思ったそうです。^^;

実際私も、
椅子にあぐらをかきながらノエマを膝にのせて(クッションも使い)
ノエマを寝かせながら(授乳しながら)パソコンをやる、なんて
まったく美しくないことをしちゃったりもしていました。意外と両手が
空くんですよね。^^;
(パソコンの電磁波、、、どうなんでしょう。。汗)

しかし今は大きくなって重いのであまりやらないのですが、久々に
それをやるとけっこううれしそうだったりします。。。^^;

ところで、次回の更新ではパリで仕入れたボタンをやっと登場させようかと思います!!

パリの仕入れっていつだったっけ!? 汗

あれはかれこれ2010年です~~。ひゃー今頃???

2010年の春に夫と1ヶ月のフランス旅行へ出かけ、帰ってきたら
すぐ妊娠が分かったのでずーっとしまってあったんですね。
そのまま出産、沖縄移住、となってビーズなどの仕事道具はすべて
神奈川へ置いてきてしまって、、、、

2014年の春にようやく沖縄で仕事を再開したのですが、どうもフランスで
仕入れたヴィンテージのボタン類は、1個1個が貴重品で、約50~80年
も昔のヴィンテージ品だったりするので、
これを使って作品を作るのがちょっと緊張してしまう自分がいた
のです。。。^^;

やろうと思ってはまた後回し、デザインを頭で考えるだけにとどまったり、、、

で、ついにようやく作品をいくつか作り始めました。^^

作品に気合が入りすぎて、単品売りのページがすごく少なく
なってしまったのですが、またさらに次の更新で出していきたいと
思います!

昔のガラス製のボタンとか、陶器のボタンも本当にかわいんですよね。
60年代に入ると急にプラスチック製が普及して数も増えますが、やっぱり
私がガラス製が好きかな~~~♪
とは言ってもプラスチックもかわいいですよ、60年代はファッションが
本当に素敵ですもの。。。(*^_^*)

ちなみにこのボタン(と言ってもカボッションですねこれ。)もこう見えて
ガラス製。細かいお花が繊細で素敵です~。↓

IMG_5001-.jpg

IMG_5005-.jpg

IMG_5061.jpg

ひとつひとつ、眺めているだけでうっとりします~~♪

3月に行ったのですが、すっごくまだまだ寒かったのを覚えています。
写真をざっくり見返すと、あんまり青空の写真が少ないなぁ~~。
曇りが似合うといえば似合いますけどね。。。

P1200081.jpg

P1190743.jpg

P1190630.jpg

桜が時々あって、すごく心が癒やされました。。。↓

P1200906_20160402173854e51.jpg

カフェもさんざんたくさん見ました。
それにしても、あんなに寒い季節でも外でオープンカフェがあり、
大きめのストーブをたきながらコートを着たままカフェする。。
外がやっぱり気持ちいいのかなぁ、いや、混雑しているだけ、
という感じもしますが。

そうそう、

アジアの旅行ではほとんど感じないのですが、あっとうまに私は
日本の味が恋しくなってしまったのです。味噌、しょう油、納豆、、、、
知り合った大学生の旅行者にインスタント味噌汁を分けてもらって心から
うれしかったのを覚えてます。。。^^; 

パリって、食べるところはたくさんあるけれど、午後の半端な時間は
ほんとに食べるところが少ないんですよ。ランチはしっかりランチタイムに
とらないと。。。

日本って、時間も関係なく(とくにチェーン店)あらゆる料理が
安い価格で食べられて、ほんとに便利な国だなぁってつくづく思いました。
パリでは、カジュアルなランチをとるだけで、毎回1人2000~2500円はしました。
ランチを1000円ですまそうと思ったら、ほんとサンドイッチとコーラ程度です。。。汗

なにげに世界遺産のモン・サン・ミッシェルも行ってきました。↓

P1230177.jpg

これは昔、修道院として作られたんですよね。時代によっては要塞として
使われたり、、、。
海の中にぽつんとそびえたってるので、初めて見た時は本当に感動しました!
潮が引くとまわりをお散歩できるんですよ。ただ、もたもたしてると水がどんどん増えて
帰れなくなりそうになってかなりコワイ思いましました。。(そのへんは自己責任です)

モン・サン・ミッシェルの中ははっきり言ってかなりの観光地です。
ホテルやお店がいっぱい。
ただ、ホテルも四角のコンクリートの建物、なんてなく、ちゃんと昔のものを生かした
作りなので、ひっそりと入り口があったり、迷路みたいでワクワクしました。^^

ここで知り合った30歳くらいの女の子は、一人旅で来ていて、モン・サン・ミッシェル
を絶対に上から見るんだと、空飛ぶ乗り物に(インストラクターと二人で乗るのかな?)
乗るというツアーに参加していました。

楽しそうだけど私は高所恐怖症。。。。汗
下から手を振るのみ。^^;

それと、フランス人は英語が嫌い、なんて予め本で読んだのですが、
こっちが頑張っておぼえたてのフランス語を話そうとしても、英語が
うまい人も今では多くて、さらっと英語で対応されるので、
英語を頑張って行ったほうが絶対にいい気が
しました。。(- -;

でも、確かにちょこっとフランス語を言ってみた時の反応はやさしげ
ですけどね。。^^;(それ、どこの国もですよね。)

あとやっぱり移民の多さには驚きました。エリアも分かれるので
移民の多い場所へ行くと治安の悪さを感じました。。。。

それと、道を歩いてたり、駅のホームかどこかで見かけた
親が子どもを叱るシーン。。。。

フランス人の育児、怖すぎです。
しゃがんで子どもの目線になって、目をまっすぐ見て叱るのですが、
意味は分からなくても口調がほんとコワイ。。。。。
警察犬をしつけてるように見えました。
天使のようにかわいい女の子によくもまぁガミガミと。。。

なぁんてついつい甘い私は思っちゃうんですけどね。^^;

そうそう、ボタンの仕入れなのですが、こういう風景はよく
あるのですが、↓

P1210376.jpg

こういうのは価格も安くておもちゃっぽくて子供向けなのかな?
ポップでかわいいのもありますが、

結局いいものを仕入れるとなると、地下階段を通り、いかにも
ストックルーム、みたいなお部屋になり、商談するという感じです。。
香港の仕入れにも少し似てるかな。。

P1230940.jpg

P1230939.jpg

ちょっとウキウキしちゃったのは、シャネルのボタン!!
あのいかにもシャネル、のマークは仕入れなかったのですが、
シックなブラックやゴールドの箔の入った高級感のあるボタンは
ちょっと仕入れちゃいました。

昔、シャネルに使われていた、というよりは、シャネルにボタンを
卸してた会社の流れた品、だそうです。流れた、というと聞こえが悪いですね。^^;

若い時に日本のとあるボタンメーカーさんと一緒にお仕事をさせて
いただいたことがあるのですが、「ボタンは宇宙」と社長さんがおっしゃって
いました。

あんなに小さなものに、広がる世界がある、
確かのそんな気がします~~。^^

あぁ、とりとめのないブログですみません。^^;
















[ 2016/04/02 18:02 ] ビーズ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する