Kiyoko's Blog

ビーズデザイナーKIYOKOのブログです。2011年6月から沖縄で生活しています。育児ブログになりつつありますが、よろしければお立ち寄りください。作品はこちらからご覧いただけます。⇛http://www.asian-bloom.com

やはりストライダーはいいのか


さてまたまた育児の話ですが、

お子さんがだんだん大きくなってくると、補助あり自転車を買うか、
ストライダーを買うか迷う親御さんは多いのではないでしょうか。

私もその時期が来るまで、ストライダーというのを全く知らなかった
のですが、見た目は自転車、でもペダルがない、
というものです。
価格は1万円前後だったでしょうか。

三輪車をスルーして小さいうちにストライダーを買い与える方も
いらっしゃると思います。

ストライダーはペダルだけでなく、ブレーキもないんですね。
足でこぐので、足腰が丈夫になり、早くからバランス感覚が身につくので、

補助ありから補助なしへ移行する期間がなく、
通常の自転車に乗れるようになるという。

それを聞いた私は、自分の子供時代を思い返して、

いよいよ補助なしへ挑戦!
後ろを姉に支えてもらい、「押さえててよ、ちゃんと押さえててよ~」と
ふらふらしながら、ちらっと振り返り、「押さえてないじゃん!」
どってーん!!

と何度も転びながら自転車に乗れるようになるという、
誰もが経験するであろうあの経験をしないなんて、、、、

それもいいかも!!

と思い、私はストライダー派だったのですが、夫婦で話し合って
通常の補助付き自転車を買うことになったわけです。。(流されやすい。^^;)

そして月日はたち、うちの長男は自転車によく
乗っていた時期もあるのですが、ぱったりと乗らない数ヶ月もあり、
しっかりとサビサビになってえしまったりもしました。

そうこうしていたら5歳になり、周りの5歳の子たちは

「ストライダー乗ってたおかげで普通の自転車もすんなり乗れるように
なってるよ~~」

の声がちらほら。

え!?小学校上がる前にすでに補助なし!?

ストライダーにやられたぁ、、、、
うちはまず自転車に興味もないなぁ、、、

と、うちはうち、と思いながら、長男は補助あり自転車を
たまに乗るという日々を過ごしていたんですね。

そしてとある日に、近所の女の子が長男の自転車を借りて
乗っていたときの事、

「何この自転車、補助が宙に浮いてて意味無いじゃん!」

と言った一言に長男はかなりハッとした様子で。。。

「ちょっと貸して!!!」と自分の自転車を乗り、
補助はあるけれど、使わない状態で自分が乗れていることを発見!!

そして補助をとってとって!となり、

とった後も普通に乗れたのでした。。。

サビサビでメンテナンスもされてない状態が逆によかったみたいです。

ということで結論ですが、

ストライダーでも補助ありでも、本人の意思に任せて
欲しいほうを買ったらいいと思いました。

(ちなみにストライダーのほうは大会があちこちで行われているようです。)

そして、補助ありの場合は、時期がきたらこっそり宙に浮かせてやる。

これが秘訣です!(けっこうメジャーな方法だったりして?!)^^;

うちもこれで、ぎりぎり小学校入学前に乗れるようになりました。

今でも、平和記念公園とか、広いところへ行くと、ヘルメットに
膝あて、肘あてをつけて、親子で補助なし自転車に挑戦するお子さんの
姿を目にするのですが、それもそれで素敵ですよ!
否定しません。
きっと出来るようになったときの感動はひとしおですよね!!

ただ、私のように親が腰痛持ちだったりすると、この自転車練習に
付き合うのは相当大変なのです。

それに、5~6歳ともなると、竹馬やホッピング、ブレーブボードなど、
ひたすら練習をして徐々に出来るようになる感動、達成感を味わえる
シーンは本人がたくさん見つけていきますので、
あえて自転車で痛い思いをたくさんして身につけていかなくてもいいような
気がしました。

ちなみに私はいっぱい怪我して覚えましたけどね~~~。

特に思い出深いのは、一輪車です!
4年生の頃に、毎日ひたすらアザだらけになって頑張りました。
椅子に座るのも激痛なくらい、お尻にあざが出来たり。。。

でもやはり、出来るようになった喜びと感動はひとしおでしたよ!

以上、ストライダーと補助あり自転車についてでした。(^。^)

[ 2017/04/20 10:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する