Kiyoko's Blog

ビーズデザイナーKIYOKOのブログです。2011年6月から沖縄で生活しています。育児ブログになりつつありますが、よろしければお立ち寄りください。作品はこちらからご覧いただけます。⇛http://www.asian-bloom.com

参観日


今日は授業参観でした。

私の子供時代と比べると、けっこう頻繁に参観日があるので
(平日にもあったりします。)

「今回は行かなくてもいいかな~?」

なんて言うと、

「最初から終わりまでいて!!」

と言うので、そっか。。わかった。。

と行くのですが、いつも感じるのは、せっかく見に行くんだから、
もうちょっと張り切っていいところを親に見せて欲しいなぁ~~~

ということ。

今回は、一時間目から見ていたので、まだ4~5人くらいしか
保護者がいませんでした。

算数の時間だったのですが、

先生が

「誰か分かる人ー!答えてくれる人!」

といっても、一人が手をあげるかあげないか。(少ないなぁ~~汗)

かと言って、しーんとしているわけではなく、大声でみんな
あーだこーだ言ってるんですね。

「先生それなんで?」
「先生、ノートなくなっちゃった!」
「先生黒板みえないー!」

とか何とか。

で、先生がいくつか問題の式を黒板に書き、
「誰に答えてもらおうかなー」と言いながら、式の横に小さく
児童の名前を書くのです。

児童たちも、「それは○○に!」と名指ししたり、「私いや!」と拒否したり、
「俺やりたい!」と名前を書いてもらったり。

先生は児童の意見も取り入れつつ、あとはせっかく参観日なので
来ている保護者の子供の名前を書いたりして活躍の場を与えたりする。

なので、うちの長男も名前を書いてもらえたわけです。^^;

一人目の子が前に出て、上手に問題を解き終えたとたん、
大きな声で

「せんせーい!!オレ、やらない!!」

とわが子の声。汗

そのとたん、他の子供たちが「じゃ○○にさせて!」と
他の子の名前を言います。「そうだそうだ!」と他の子も。

で、先生は「そお?」と、ささっと息子の名前を消して他の子の
名前を書き換えました。

ちなみに子供たちは、自分が誰かの名前を言って意見が通るのを
楽しんでいるようにも見えます。

今までの参観日でも、息子が何か前に出るとか、発表にシーンなんか
なくて、やっと見せてもらうかーと思ったらこれですよ。

しかも「おれ、やらないーい!」
なんてね。
普段は自分の名前だって「オレ」と言わず名前で呼んでるくせに、
学校ではかっこつけてますね。

一時間目が終わって、

「お母さん、つまんないからもう帰るね、ばいばい。」
さらに、
「もうちょっと良いところ見せてよね。」

と言ったら、

「やだやだ、最後までいてー!!!」

ですって。


もともと次男を置いてきちゃったので、一時間目が終わったら
一旦帰ることになっていたんですけどね、
いやみの1つも言いたくなるわけです。

大家族で有名な石田さんファミリーの育て方、○箇条というのが
あるそうなのですが、その中のひとつに、

「しょせんわが子」

というのがあるそうですよ。

期待しすぎちゃだめ。

小学校に入ってからというもの、私はついついガミガミしてしまうので、
たまにこの言葉を思い出しているところです。。。

まぁ、私の子ですし、人前で話すのが苦手なんでしょうね。。

昔は授業参観というと、お母さんがたは着飾って来たような
印象がありますが、今はずいぶん違っています。
ラフで、楽といったら楽ですが、、、。

次回に期待したいと思います。。。苦笑



[ 2018/01/27 15:05 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する