Kiyoko's Blog

ビーズデザイナーKIYOKOのブログです。2011年6月から沖縄で生活しています。育児ブログになりつつありますが、よろしければお立ち寄りください。作品はこちらからご覧いただけます。⇛http://www.asian-bloom.com

ベトナム料理レシピ


今日はベトナムの「ボン」という料理を作りました。
ちなみに「ボン」の「ン」は尻上がりの発音で
弾むように「ボン↑」と言います。^^

ベトナムのフォーは有名ですが、そっちはあたたかい麺類で、
ボンはベトナム風の冷やし中華というところでしょうか。
フォーもボンも、米粉から出来ているところは一緒です。

作り方、ざっとご紹介~~☆
「牛肉のボン」です。

まずはにんにく適量を適当にみじん切り。
洋風エシャロットも荒みじん。
これが洋風エシャロット。↓
フランス料理ではソースなどにもよく使うようです。
スーパーには売ってないみたいなので、うちの母は通販で
取り寄せているとか。。これがあると、シンプルな炒め物でも
ぐっとおいしくなります☆
香りを出すためにまずは包丁の面でつぶしてから荒みじんにします。↓

P1060558.jpg

牛肉はしゃぶしゃぶ用を買って、塩、コショウ、砂糖で味付けして
よくもんでおきます。お酒をかけてもOK。
ぺろっとなめてみて甘みがちゃんとあればOK。30分ほど置きます。↓
その他の具はお好みなのですが、サニーレタス、きゅうり、ドクダミやミントの
ハーブ類、えび、など。(ハーブがないときはシソがおすすめ)

P1060560.jpg

こちらが「ボン」の乾麺。
5分水に浸してから5分ゆでます。
これも通販だそうです。↓

P1060561.jpg

あったほうがいいもの!これはピーナツ。

P1060562.jpg

包丁であらみじんにして、最後のトッピングに使いましょう~。
(ミキサーを使うと細かくなりすぎちゃうので注意。)

P1060563.jpg

かあさんが摘んできてくれたドクダミ。若い葉がおいしいです。
お茶にするにも、こういう若い葉のドクダミがいいんだって。

P1060593.jpg

盛り付ければ完成です~☆
ナンプラーをベースに作ったニョックマムをかけて
よく混ぜて食べます。

P1060568.jpg

ちなみにニョックマムの材料は
ナンプラー、酢、砂糖、豆板醤、すりおろしたニンニク。
私の場合、分量がいつも適当です。^^;

母さんの朝摘みスナックエンドウもたっぷりならび、
かなりヘルシーな食卓となりました☆

遊びに来てくれた母さん。ビーズの刺繍の洋服が素敵でした☆ ↓

P1060578.jpg

P1060564.jpg

P1060582.jpg


奥にいるのは弟のレイ君(29)。アジア放浪の旅から1ヶ月間だけ
一時帰国中なので私と彼と、3人生活をしています。
あまり家にいなかったりするのですが、たまたま夜3人で話してると
学生寮?みたいな気分になったりします。笑

来週にはインドへ旅立ってしまうとか。。ちょっと寂しいような、うらやましい
ような、インドって言ったら宝石の国ですからね。。

彼がレイ君に「マザーテレサのところには行くの?」と聞いたところ、
「いや、分からない。」と言っていました。
それはあの有名な「死を待つ人の家」のことです。
写真はこちら

P1060627.jpg

P1060628.jpg


以前彼は、
「ボランティアに興味があるなしに関係なく、あそこは基本だからね。
バックパッカーはみんな立ち寄るね。」
と言っていました。

彼は初日からすぐ死体運びをしたそうです。
「そっち足持って、」
という感じだそうです。

確かに、広島に行ったら原爆ドームも見てくるべきだし
沖縄に行ったらひめゆりの塔とかやはり行って来るべきだとは
思います。行った後は気持ちが(魂が)どっしり重いけど
なんていうか、平和な時代に生きてる私たちの義務に近いものを
感じますよね。
事実として起こったことだから目をそむけられないぞというか。

きっと兄としては弟に「インドに行くならそこにも行くべきだ」という
想いもあるのでしょうね。

でもなァ、、私だったらすぐには「行く!」って決断できないなァ、
精神面が弱い私としては。。--;
でもレイ君、行くべきです。(どっちだ。苦笑)

今ふと思い出したのですが、
宮崎あおいちゃんが出てる映画で、タイの子供の
臓器売買や売春など、予告を見ただけなのですがかなり
ヘビーな映画があるようです。
怖いけど、、、気になる、、、
怖いけど、、、ちょっと見たい。
見た後かなり重くなりそう、、、でも気になる。
ドキュメンタリー映画なのかよく分からないのですが
あれも見るべきもの、、なのかも知れません。



・・シルバーのチャームのお土産。
とっても小さいのに、鳥の羽がうごいたり、ボックスの蓋があいたり
細工が細かいです。

P1060584.jpg

旅は10月まで。
いい旅と安全を祈っています。





[ 2009/05/22 23:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
闇の子供たち
こんにちは。
ベトナム料理、美味しそう~♪
私は、お料理のほうは、サッパリ駄目です(-_-;)

最後に書かれてたタイの子供たちの臓器売買の話ですが
「闇の子供たち」という映画ですよね。
私は、最初に本で読んで、ものすごく興味を持って
昨年、わざわざ横浜のほうまで出かけて見てきました。
確かに、、、非常に重いです。
目を背けたくなるシーンが沢山あります。
けど、しっかりと見なきゃいけないと思い
目を背けず全部見ました。
こういう「現実」があることを理解し、
同じ人間としてそういう「現実」から
逃げちゃいけないと思いました。
[ 2009/05/25 10:25 ] [ 編集 ]
Re: 闇の子供たち
こんにちは!コメントありがとうございます!
よこどんさん、えらい!
ちゃんと見たんですね。私も見ようと思います。

タイトルを教えていただいたので今日レンタル屋さんに
立ち寄ったときに見てみたら、準新作ですね。
しかもみんなレンタル中だった~。

パッケージを読んだのですが、やっぱりちょっと怖そうでした。汗
でも見ようと思います~。

ありがとうございました。^^
[ 2009/05/25 23:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する